あざとボーイブログ

月間10.5万PV。お店での接客を文章でお伝えできたらと思っています。

【白Tシャツが透ける前に...】これで安心!おすすめ対策5選をご紹介【メンズ】

白Tシャツが透ける...おすすめの対策を教えて!【メンズ】

 

f:id:mover074:20210322143545j:image

 

【お悩み】

「白Tシャツを私服で着たいんだけど、肌が透けてないか気になって…」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 白Tシャツが透ける主な原因が分かる
  • 白Tシャツが透けないための対策、白Tシャツの選び方が分かる
  • 白Tシャツが透ける心配がなくなり、堂々と白Tシャツを着られるようになる!

 

せっかくのデートが...白Tシャツが透ける前に対策しとけば良かった...

 

気温も上がり、そろそろ本格的な「白Tシャツ」シーズンに突入しました。

ですが、私服で着る場合に気になるのが、「白Tシャツ透ける問題」...。

 

  • 「もう夏だし白Tを着たいんだけど、肌とか乳首が透けるんじゃないかって心配で…」
  • 「今日はデートだから爽やかな白Tを着てきたんだけど、肌が透けてる?こんな大事なときに...」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「白Tシャツが透けるのを防ぐおすすめ対策5選」をご紹介します。

 

白Tシャツが透ける代表的な原因は3つあり、「生地の厚さ・サイズ感・汗染み」などが関係しています。

今回は、その原因を確認した上で、「厚手Tシャツ」「Tシャツ専用アンダー」など、具体的な対策を5つ厳選しました。

 

デート、飲み会、もしくは職場など、大事な場面で安心して白Tシャツが着られるように、ぜひ最後までご覧ください。

 

こんな人が書いてます(経歴)
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系列)
  • VMD(レイアウト)・バイイング経験あり
  • SNS総フォロワー数4000人
  • WEARフォロワー数5000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日2200人の方が見てくださっているブログです。

 

白Tシャツが透けるのを防ぐ!おすすめ対策5選をご紹介【メンズ】

 

◆目次◆

  1. 白Tシャツが透ける3つの原因
  2. 【対策①】生地厚を選ぶ
  3. 【対策②】薄いTシャツを重ね着する
  4. 【対策③】ゆとりのあるサイズ感を選ぶ
  5. 【対策④】ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ
  6. 【対策⑤】柄・プリントTシャツを選ぶ
  7. オススメの白Tシャツは?【HANES BEEFY】

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.白Tシャツが透ける3つの原因

 

f:id:mover074:20210322161656j:image

 

はじめに、「白Tシャツが透ける原因」を確認します。

原因をはっきりさせることで、「対策」「失敗しないTシャツの選び方」が見えてきます。

 

白Tシャツが透ける代表的な原因は、次の3点。

  • 【原因①】Tシャツの生地が薄いから
  • 【原因②】サイズ感にゆとりがなく、肌の色が生地に写ってしまうから
  • 【原因③】汗染みで生地が透けてしまうから

 

白Tシャツが透けるのを防ぐ対策5選

では、以上の「白Tシャツが透ける原因」を踏まえ、白Tシャツが透けるのを防ぐ対策を5つご紹介します。

 

  • 【対策①】生地厚を選ぶ
  • 【対策②】薄いTシャツを重ね着する
  • 【対策③】ゆとりのあるサイズ感を選ぶ
  • 【対策④】ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ
  • 【対策⑤】柄・プリントTシャツを選ぶ

 

それぞれ解説します。

 

2.【対策①】生地厚を選ぶ

 

f:id:mover074:20210322150424j:image

 

1つ目の対策は「生地厚を選ぶ」

「白Tシャツ」は、他の色のTシャツに比べ肌の色が分かりやすく、生地が薄いものは「肌着」のように透けて見えてしまいます。

そのため、Tシャツの生地は厚手がオススメ

 

透けにくい生地の厚さは諸説ありますが、『HANES ジャパンフィットTシャツ』の5.3オンスで、「透けにくい」の表記があります。

最近では、GU・ユニクロでも「生地厚」「ヘビーウェイト」のTシャツが販売され、厚手Tシャツが徐々にスタンダードになってきています。

【関連記事】

 

生地が厚過ぎると、汗をかいて透けるので注意!

 

f:id:mover074:20210322150545j:image

 

生地厚Tシャツにも欠点があり、それは、「生地が薄いTシャツに比べ暑い」こと。

せっかく生地厚のTシャツを選んでも、汗をダラダラかいて、汗染みで肌が透けてしまったら意味がありません。

 

スウェットに近い超厚手Tシャツもありますが、真夏も着る予定の方は、程よい生地の厚さを選ぶのが良さそうです。

【関連記事】

 

▼人気厚手白Tシャツ『ヘインズ ビーフィー』

「ポケット有り・なし」があります。

 

3.【対策②】薄いTシャツを重ね着する

 

 

2つ目の対策は、「薄いTシャツを重ね着する」

生地厚Tシャツが透けにくいと分かっていても、毎日厚手Tシャツを着るわけではないですよね。

そういった場合は、白Tシャツの下に、「インナー用のTシャツ」を重ね着するのがオススメ。

 

有名、レビュー評価も高いのは『GUNZEのTシャツ専用アンダー』

デザインの種類も多く、自分の好み、目的に合ったインナーTシャツを選ぶことができます。

 

  • 首元の仕様:クルーネック・Vネック
  • カラーバリエーション・白・黒・ベージュ
  • 袖丈の長さ:ノースリーブ・半袖

 

ドンキでも買える「ヘインズ青ラベル」が使える!

 

 

専用アンダーTシャツではなく、一般的なTシャツで、「生地が薄いものを重ね着する方法」も、もちろん透け見え防止効果はあります。

 

私が使っているもので申し訳ないですが、ドンキホーテでも購入できる『ヘインズの青ラベル』は、インナー用にちょうど良い、重ね着しても着ぶくれしない薄さでオススメ。

おそらく色は「白」のみの展開ですが、【綿75%:ポリ25%】で、サラッとした着心地の薄手Tシャツです。

 

4.【対策③】ゆとりのあるサイズ感を選ぶ

 

 

3つ目の対策は、「ゆとりのあるサイズ感を選ぶ」

「白Tシャツ」は、他の色のTシャツに比べ肌の色が分かりやすく、体とTシャツの間に「適度な空間」がないと、肌が透けて見えてしまいます。

ピタッとしたサイズは、肌が透けるどころか、乳首が浮いてしまうので絶対NG(笑)

 

極端にダボっとしたサイズ感を選ぶ必要はないですが、透け感が気になる場合は、ゆとりのあるサイズ感を選ぶのが安心です。

 

ゆとりのあるTシャツは、汗をかきにくく乾きやすい

また、ゆとりのあるTシャツは、透け防止に加え、「汗をかきにくく、乾きやすい」というメリットもあります。

 

「ゆとりのあるサイズ感」は、単純に涼しく、風通しも良いため、汗をかいても比較的乾きやすい。

逆に「ピタッとしたサイズ感」は、汗染みにもなりやすく、胸や背中あたりが透けやすくなるので注意が必要です。

【関連記事】

 

5.【対策④】ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ

 

 

4つ目の対策は、「ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ」

「ワッフル・サーマルのTシャツ」は、一般的なTシャツに比べ「透けにくい特徴」があり、例えば次の通り。

 

  • 生地厚のものが多い
  • 生地表面に凹凸がある
  • 汗染みが目立ちにくい など

 

サーマルTシャツは、いわゆる一般的な「白Tシャツ」とは少し違いがありますが、「透け見え防止」「1枚で着ても様になる」といったメリットもあり、選択肢の一つになるのではないでしょうか。

 

6.【対策⑤】柄・プリントTシャツを選ぶ

 

 

最後、5つ目の対策は「柄・プリントTシャツを選ぶ」。「無地」の白Tシャツ派の方には使えない対策でスイマセン。

極端な例ですが、「ボーダー柄・総柄」は、やはり透け見え防止の効果は高いと言えます。

 

Tシャツの「柄・プリントデザイン」は「胸のライン」にあるものが多く、特に気になる乳首が透ける対策にもなります。

Tシャツの柄が小さい場合は、「Tシャツ専用アンダーを着る」「やや大きめサイズを選ぶ」など、今回ご紹介した対策も合わせて試してみてください。

【関連記事】

 

7.オススメの白Tシャツは?【HANES BEEFY】

 

 

最後に、オススメの白Tシャツを1つご紹介して終わりにします。

私はここ5年間、『HANES BEEFY(ヘインズ ビーフィー)』をリピートし続けています。

 

理由は次の通り。

  • 真夏でも着られる、かつ透けにくいギリギリの生地の厚さ
  • 透けにくいとされる「5.3オンス」よりも厚手の「6.1オンス」の安心感
  • 子どもっぽいドロップショルダーではなく、上品なゆとりのあるサイズ感
  • USコットンのようなざらつきがなく、綿100の気持ちの良い肌触り
  • きれいめなジャケットのインナーとして着ても問題ない上質な質感

 

amazon、楽天のレビュー評価も非常に高く、サイズ感についてのコメントも多いので、サイズ選びに不安な方も安心して選ぶことができそうです。

【関連記事】

 

まとめ

 

白Tシャツが透ける3つの原因

  • 【原因①】Tシャツの生地が薄いから
  • 【原因②】サイズ感にゆとりがなく、生地に肌の色が写ってしまうから
  • 【原因③】汗染みで生地が透けてしまうから

 

白Tシャツが透けるのを防ぐ対策5選

  • 【対策①】生地厚を選ぶ
  • 【対策②】薄いTシャツを重ね着する
  • 【対策③】ゆとりのあるサイズ感を選ぶ
  • 【対策④】ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ
  • 【対策⑤】柄・プリントTシャツを選ぶ

 

最後に。

 

▼HANES BEEFY(2枚組)

 

▼ノースリーブ以外の種類もあります。

 

白Tシャツが透けないためには、極端な話「スウェット」ぐらい生地厚にすれば良いのですが、真夏にスウェットは着たくないですよね。

 

もし、「1枚で着る」ことを前提にするならば、「生地の厚さ・肌触り・シルエット・価格」などを含め、結果私が辿り着いたのは『HANES BEEFY』でした。

『GUNZEのTシャツ専用アンダー』は、すでにお持ちの白Tシャツに合わせたい場合に最適で、うれしい汗染み防止のメリットも付いてきます。

 

お気に入りの白Tシャツが見つかりますように。

THANKS☺︎

【関連記事】