あざとボーイブログ

月間7万アクセスのブログです。お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

【白Tシャツが透ける前に...】これで安心!おすすめ対策5選をご紹介【メンズ】

白Tシャツが透ける...おすすめの対策を教えて!【メンズ】

 

f:id:mover074:20210322143545j:image

 

【お悩み】

「白Tシャツを私服で着たいんだけど、透けてないかが気になって…」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 白Tシャツが透けない方法、対策が分かる
  • 失敗しない白Tシャツ選びができる
  • 白Tシャツを着ても、透ける心配がなくなり、堂々と着ることができる!

 

せっかくのデートが...白Tシャツが透ける前に、対策しておけば良かった...

 

気温が上がり春夏になると、白Tシャツの出番がやってきますよね!

ですが、私服で着る場合に気になるのが、「Tシャツが透ける」という問題。

 

  • 「今日は気温も高いし白Tを着てきたんだけど、ちょっと肌が透けてる?もしかして乳首も見えてる気が…」
  • 「今日はデートだから爽やかな白Tを着てきたんだけど、緊張して汗かいたから、透けてるかも…」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「白Tシャツが透けるのを防ぐおすすめ対策方法5選」をご紹介します。

 

はじめに「白Tシャツが透ける原因」を確認し、その後「5つの対策方法」をご紹介します。

大事なデート、飲み会で恥ずかしい思いをする前に、ぜひ目を通して頂けたらと思います。

 

こんな人が書いてます(経歴)
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系列)
  • VMD(レイアウト)・バイイング経験あり
  • SNS総フォロワー数4000人
  • WEARフォロワー数5000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日2200人の方が見てくださっているブログです。

 

白Tシャツが透けるのを防ぐ!おすすめ対策5選をご紹介【メンズ】

 

◆目次◆

  1. 白Tシャツが透ける原因は?
  2. 【対策①】生地厚を選ぶ
  3. 【対策②】薄いTシャツを重ね着する
  4. 【対策③】ゆとりのあるサイズ感を選ぶ
  5. 【対策④】ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ
  6. 【対策⑤】柄・プリントTシャツを選ぶ
  7. オススメの白Tシャツは?【HANES BEEFY】

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.白Tシャツが透ける原因は?

 

f:id:mover074:20210322161656j:image

 

はじめに、「白Tシャツが透ける原因」を確認します。

原因をはっきりさせることで、「対策」「失敗しないTシャツ選びの方法」が見えてきます。

 

白Tシャツが透ける代表的な原因は次の通り。

  • Tシャツの生地が薄いから
  • サイズ感にゆとりがなく、生地に肌の色が写ってしまうから
  • 汗染みで生地が透けやすくから など

 

白Tシャツが透けるのを防ぐ対策5選

では、以上の「白Tシャツが透ける原因」を踏まえ、白Tシャツが透けるのを防ぐ対策を5つご紹介します。

 

  • 【対策①】生地厚を選ぶ
  • 【対策②】薄いTシャツを重ね着する
  • 【対策③】ゆとりのあるサイズ感を選ぶ
  • 【対策④】ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ
  • 【対策⑤】柄・プリントTシャツを選ぶ

 

それぞれ解説します。

 

2.【対策①】生地厚を選ぶ

 

f:id:mover074:20210322150424j:image

 

白Tシャツは、他の色に比べ肌の色が分かりやすく、特に生地が薄いと「肌着」のように透けて見えてしまいます。

そのため、「生地厚」のTシャツを選ぶのがオススメ

 

最近は、GUやユニクロでも「生地厚」「ヘビーウェイト」のTシャツが販売されているので、探しやすいと思います。

 

生地が厚過ぎると、汗をかくので注意!

 

f:id:mover074:20210322150545j:image

 

ただ、生地厚にも欠点があります。それは、生地が薄いTシャツに比べ「暑い」こと。

せっかく生地厚のTシャツを選んでも、汗をダラダラかいたり、汗染みで透けてしまったら意味がありません。

 

スウェットのような分厚い生地ではなく、あくまでも、春夏に着て快適に過ごせる厚さを選んでください。

 

3.【対策②】薄いTシャツを重ね着する

 

 

ときには、「このブランドの、このシルエットの、この薄さの白Tシャツが着たい」という気分になることもありますよね。

生地厚ではない白Tシャツを着る時は、「下に薄いTシャツ」を挟み、透けるのを防ぎましょう。

 

『GUNZEのTシャツ専用アンダー』など、「Tシャツの下に着ることを想定した」Tシャツも販売されています。

 

ドンキでも買える「ヘインズ青ラベル」が使える!

 

 

私が使っているもので申し訳ないですが、ドンキホーテでも購入できる『ヘインズの青ラベル』は、Tシャツの下に着るのにちょうど良く、長年愛用しています。

 

私はナイロンのツルツルした感じが苦手なので、【綿75%:ポリ25%】の肌触りはとても気に入っています。

 

4.【対策③】ゆとりのあるサイズ感を選ぶ

 

f:id:mover074:20210322145943j:image

 

白Tシャツは、他の色に比べ肌の色が分かりやすく、体とTシャツ生地の間に「適度な空間」がないと、透けて見えてしまいます。

もちろん、ピタッとしたサイズは、肌が透けるどころか、乳首が浮いてしまうのでNG(笑)

 

透け感が気になる場合は、ゆとりのあるTシャツを選び、「適度な空間」を作ってあげてください。

 

ゆとりのあるTシャツは、汗をかきにくく乾きやすい

もう一つ、ゆとりのあるサイズ感をオススメする理由は、「汗をかきにくいから」

 

「ゆとりのあるTシャツ」は、風通しが良いため、汗をかきにくく乾きやすい。

逆に「ピタッとしたTシャツ」は、汗染みになりやすく、そこが透けて見えてしまいます。

 

5.【対策④】ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ

 

 

ワッフル・サーマル素材の白Tシャツは、一般的なTシャツに比べ「透けにくい特徴」があります。

 

主な透けにくい特徴は次の3つ。

  • 生地厚のものが多い
  • 生地表面に凹凸があり、肌の色が透けにくい
  • 汗染みが目立ちにくく、透けにくい

 

サーマルTシャツは、いわゆる「白Tシャツ」とは少し違いがありますが、「透け感防止」「デザイン性」という点でオススメしたいアイテムです。

 

6.【対策⑤】柄・プリントTシャツを選ぶ

 

 

「無地の白Tシャツ派」の方には使えない対策ですが、Tシャツの柄・プリントデザインは、透け防止になります。

ロゴやプリントは、胸のあたりまであるものが多く、乳首が透けたり、汗で透けるのを目立たなくする効果があります。

 

ただ、柄が小さいものもあるので、その場合は今回ご紹介した対策を合わせて使って頂くのが良さそうです。

 

7.オススメの白Tシャツは?【HANES BEEFY】

 

▼1枚(2枚組は別であります)

 

最後に、オススメの白Tシャツを1つだけご紹介して終わりにします。

私はここ5年間、「HANES BEEFY(ヘインズ ビーフィー)」をリピートし続けています。

 

理由は次の通り。

  • 生地厚だが、分厚くはないので、快適な着心地
  • 綿100だが、USコットンのようなざらつきがなく、肌触りがしなやか
  • セットアップスーツのインナーに着ても問題ない、上質な質感

 

他レビューでも非に人気の高い商品です。

 

まとめ

 

白Tシャツが透ける代表的な原因

  • Tシャツの生地が薄いから
  • サイズ感にゆとりがなく、生地に肌の色が写ってしまうから
  • 汗染みで生地が透けやすくから など

 

白Tシャツが透けるのを防ぐ対策5選

  • 【対策①】生地厚を選ぶ
  • 【対策②】薄いTシャツを重ね着する
  • 【対策③】ゆとりのあるサイズ感を選ぶ
  • 【対策④】ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ
  • 【対策⑤】柄・プリントTシャツを選ぶ

 

最後に。

 

▼BEEFY(2枚組)

 

▼青ラベル(3枚組)

 

白Tシャツを透けないようにするには、極端な話「スウェット」ぐらい生地厚にすれば良いのですが、真夏にスウェットは着たくないですよね。

 

快適さはもちろん、「生地の厚さ・肌触り・シルエット・価格」などを含め、結局私が行き着いたのは『HANES BEEFY』『HANES青ラベル』の2つでした。

 

ドンキホーテでも販売があり(BEEFYは店舗によっては取り扱いなし)、サンプルが置いてある店舗もあるので、一度チェックしてみてください。

お気に入りの白Tシャツが見つかりますように。

THANKS☺︎

【関連記事】

BULK HOMME