あざとボーイブログ

元ジャニーズJr.研修生が、過去の栄光を引きずりながら書くブログ(笑)お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

【汗染み防止】Tシャツの汗が目立たない素材・色・サイズは? (メンズ・レディース)

脇汗もかくし、Tシャツの汗染みがとにかく気になって...

f:id:mover074:20200813191019j:image

 

お悩み

「夏はとにかくTシャツの汗染みが気になるんだけど、汗が目立たないTシャツってどう選べばいいんだろう... 」

 

 

この記事は

「とにかくTシャツの汗染みが気になる、汗が目立たないTシャツの選び方が知りたい」

という方に読んで頂きたい記事です。

 

 

さっそく結論から。

  • 汗が目立たないTシャツの選び方は「素材・色・サイズ」に気をつける。
  • 例えば、「レーヨン素材を選ぶ」「ネイビー選ばない」「大きめサイズを選ぶ」など。

 

 

Tシャツの汗染み対策、どうしてる?

私の夏のTシャツ選びの基準は、「汗が目立たないかどうか」一択。ブランドやデザインなんて選ぶ余裕はありません(笑)

 

そこで今回は、私の経験も踏まえつつ、「汗が目立たないTシャツの選び方」を「素材・色・サイズ」を中心に解説したいと思います。

 

夏のデートや同窓会で、立派な脇汗を披露する前に、どうかこの記事に出会ってくださることを祈ります!(笑)

 

メンズ・レディース、共通の悩みだと思いますので、ぜひ参考にして頂けたらうれしいです。

 

 

【汗染み防止】汗が目立たないTシャツの選び方(素材・色・サイズ)

 

 

  1. 汗が目立たないTシャツの素材はレーヨンがおすすめ
  2. 厚手(ヘビーオンス)の生地を選ぶ
  3. 大きめサイズを選ぶ
  4. ネイビーは汗が目立つ!ボーダーなど柄物を選ぶ
  5. ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ

 

今回は、「素材、色、サイズ」を中心に、「汗が目立たないTシャツシャツの選び方」を5つに分けて解説したい思います。

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.汗が目立たないTシャツの素材はレーヨンがおすすめ

 

一般的にTシャツは、綿100%のものが多いですが、汗が目立たないのは、レーヨン素材の入ったTシャツ。

 

レーヨンとはアロハシャツによく使われる素材で、ツルッとしたシルクのような肌触りです。

そして、綿に比べ、速乾性があることが特徴。

 

タオルを想像するとわかりやすいですが、綿は、吸水性に非常に優れ、水分を素早く吸ってくれます。

 

しかし、 吸水性に優れているがゆえに、Tシャツの生地に水分(汗)を残してしまいます。

これが汗染みの正体ですね。

 

一方レーヨンは、速乾性もあり、綿ほど吸水性がないので、Tシャツの生地に水分(汗)を残すことがありません。

結果、汗染みができにくく、汗が目立ちません。

 

ナイロンやポリエステルはダメなの?

ユニクロのエアリズムなどを見ると、ナイロンやポリエステルの表示がありますよね。

 

科学的に比較した実績はないのですが、個人的には、レーヨン素材の方がにおいも少なく、毛羽立ちもなく、快適だと思っています。

 

私がエアリズムを着ない理由

 

  • 肌触りが嫌い
  • 汗を吸わない
  • 汗をかくと生地から独特の匂いがする
  • すぐ毛羽立つ
  • 見た目が肌着や下着に見える

 

決してユニクロが嫌いなわけではありません(笑)

 

じゃあレーヨン素材のTシャツを探そう!となるわけですが、思いの外、レーヨン素材のTシャツが売ってない!!!!!(笑)

 

私が一番好きな割合は、綿50:レーヨン50の割なのですが、これはもうしばらく見たことがない…。

 

何とか、ナノユニバースさんで、レーヨン素材のTシャツを見つけたので、お時間ある方はチェックしてみてください!

 

 

【注意点】

Tシャツのポケットなど、部分的にレーヨンが使われたものもあります。Tシャツ全体の生地に、レーヨンが使われているか、品質表示などでご確認ください。

 

レディースのレーヨン素材のTシャツをお探しの方はこちら。

 

 

2.厚手(ヘビーオンス)の生地を選ぶ

 

汗を目立たないようにするには、厚手(ヘビーオンス)の生地がおすすめです。

 

ただ、グレーやピンクなどの場合は、厚手の物にしても、汗染みを防ぐのはやはり難しいかと。

 

白や黒のTシャツであれば、Tシャツの生地を厚手にすることで、汗染みを軽減させることができます。

 

白Tは、汗をかいた部分の生地が濃くなるというよりは、汗をかいた部分が透けて見えることがありますよね。

 

これも、厚手のものを選ぶことで防ぐことができます。

 

また黒Tは、薄い生地よりも、厚手の方がより黒色が濃くなり、汗が目立たなくなります。

 

 

 

そんな厚手Tシャツの中で、私の中の最強が、「HANES(ヘインズ )BEEFY(ビーフィー)」

「最強の白T ヘインズ ビーフィーは透けないだけじゃない!」

 

透けない、1枚で着れるTシャツとして有名なTシャツ。厚手ですが、厚過ぎず、夏場に着ていても熱中症になるような生地ではありません。

 

ドンキにも売っているので、ぜひ試して頂きたいです!

 

3.大きめサイズを選ぶ

 

大きめサイズを選ぶ理由は

 

  • 汗をかいた肌とTシャツを、なるべく触れないようにするため
  • 通気性を良くし、汗をかかないように涼しい状況を作るため
  • 通気性を良くし、汗が付いたTシャツを早く乾かすため

 

こういった理由からです。

 

単純に、汗をかくぐらい暑いときに、ピタッとしたTシャツは着たくないですよね。

 

最近は、オーバーサイズやビッグシルエットが人気ということもあり、大きめサイズのTシャツもすぐ手に入るのでうれしいですね!

 

4.ネイビーは汗が目立つ!ボーダーなど柄物を選ぶ

f:id:mover074:20200813191034j:image

 

白やネイビーは夏に着たくなる爽やか色ですが、実はかなり汗が目立つ色。

 

グレーやピンクなどと違い、一見汗が目立たないように見えるところが良くない(笑)

 

明るい外で汗染みを確認すると、びっくりするぐらい目立ちます。

 

男性はついブルー系、ネイビー系の服を選ぶ傾向があるので、どうかお気を付けください。

 

じゃあ何色にすればいいの?

 

私が試してきた中で、一番汗が目立たない色は「白」!

 

理由は、「汗をかいたときの、色が濃くなった箇所と、元の生地の色との境界線がはっきりと出ないから」

 

これに尽きます。

 

結局ど定番の色ですが、散々いろんなTシャツを試した結果、白でした。黒よりも白!間違いないです!

 

無地よりも、ボーダー・柄物の方が汗が目立たない

 

無地に比べて、ボーダーや柄物は、汗をかいた部分と、元の生地の色の境界線がわかりにくくなります。

 

ボーダーや柄が、汗染みをカモフラージュしてくれる感じ。色だけではなく、柄を取り入れることも、汗染み対策には有効です。

 

 5.ワッフル・サーマルTシャツを選ぶ

 

ワッフル・サーマルTシャツとは、生地に凹凸があり、でこぼこした肌触りのTシャツ。

 

ワッフル・サーマルTシャツの汗が目立たない理由は、先ほどのボーダーと同じように、汗をかいた箇所が、生地のでこぼこによって見えにくくなるから。

 

ユニクロやGUなどでも、メンズ・レディースそれぞれで販売されています。

 

毎年秋冬には、ワッフル・サーマルのロンTも発売されるているので、ぜひ試してみてください。

 

最後に。

f:id:mover074:20200813191051j:image

 

まとめ
  • 汗が目立たないTシャツの素材はレーヨンがおすすめ
  • 厚手(ヘビーオンス)の生地を選ぶ
  • 大きめサイズを選ぶ
  • ネイビーは汗が目立つ!ボーダーなど柄物を選ぶ
  • ワッフル・サーマル素材を選ぶ

 

今回は、「汗が目立たないTシャツの選び方」について解説しました。

 

夏場、特に気になる汗染みですが、私のように、年中気になる方も少なくないと思います。

 

別の記事で、汗に関する記事をまとめているので、ぜひご覧頂けたらと思います。

「Tシャツの下に着るインナーTシャツはヘインズのパックTがおすすめ!」

「メンズ汗の匂い対策 ケア用品紹介」

 

今回の記事が、夏のTシャツ選びの参考になればうれしいです!

 

THANKS☺︎