あざとボーイブログ

月間9万アクセス。お店での接客を文章でお伝えできたらと思っています。

【安心の6.1オンス】私がビーフィーTシャツにハマった5つの理由【BEEFY】

【安心の6.1オンス】私がビーフィーTシャツにハマった理由をご紹介【BEEFY】

 

f:id:mover074:20210704131149j:image

 

【お悩み】

「厚手Tシャツで有名なビーフィー、実際使ってる人の意見も聞いてみたいな」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 「ヘインズ ビーフィー」が人気、おすすめされる理由が分かる
  • 実際愛用している人の「ビーフィー」にハマった理由が分かる
  • 「ハマった理由」「欠点」をもとに、自分に合ったTシャツ選びができるようになる!

 

【超個人的感想】長年ビーフィーを着ている理由をシェアします!

 

厚手Tシャツで人気の「HANES BEEFY(ヘインズ ビーフィー)」。

私も長年愛用していますが、まだ着たことがない方からすると、次のような声もあります。

 

  • 「他にも厚手Tシャツはいくらでもあるのに、なんでビーフィーを気に入ってるの?」
  • 「使ってる人の個人的な感想でいいから、ハマってる理由を教えてほしい」

 

そこで今回は、「私がビーフィーTシャツにハマった5つの理由」をご紹介します。

 

私が「ビーフィー」を使って感じたのは、「非常にバランスが取れたTシャツ」であるということ。

もし「ビーフィー」の満足度を表す「5角形のグラフ」があるとしたら、きれいな形になるイメージ。

 

Tシャツに求めるスペックは人それぞれ違うので、この記事を最後まで読んで頂いた後、「私はハマらなさそう...」と思う可能性もあります。

より自分に合うTシャツ選びのために、参考になればと思います。

 

こんな人が書いてます【経歴】
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系列)
  • VMD(レイアウト)・バイイング経験あり
  • SNS総フォロワー数4000人
  • WEARフォロワー数5000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日2600人の方が見てくださっているブログです。

 

【安心の6.1オンス】私がビーフィーTシャツにハマった5つの理由【BEEFY】

 

◆目次◆

  1. 【BEEFY】私がビーフィーTシャツにハマった5つの理由
  2. 【理由①】安心の6.1オンス
  3. 【理由②】肩幅広めでもラクなサイズ感(XLサイズ)
  4. 【理由③】安っぽく見えないシルエット
  5. 【理由④】無地・ポケットありを選べる
  6. 【理由⑤】そんなに高くない(ドンキでも買える)
  7. 愛用者が見つけた2つの欠点

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.【BEEFY】私がビーフィーTシャツにハマった5つの理由

 

f:id:mover074:20210704124408j:image

 

さっそく、「私がビーフィーTシャツにハマった理由」をご紹介します。

特にお伝えしたい理由は、次の5点。

 

  • 【理由①】安心の6.1オンス
  • 【理由②】肩幅広めでもラクなサイズ感(XLサイズ)
  • 【理由③】安っぽく見えないシルエット
  • 【理由④】無地・ポケットありを選べる
  • 【理由⑤】そんなに高くない(ドンキでも買える)

 

それぞれ解説します。

 

2.【理由①】安心の6.1オンス

 

▼6.1オンス「ヘインズ ビーフィー」

 

1つ目の理由は「安心の6.1オンス」

タイトルにある「安心」とは、何に対して安心なのか。それは次の3点に対して。

 

  • 白T1枚でも透けにくい
  • 乳首が浮かない
  • 真夏に着ても、ギリギリ暑くない

 

「ビーフィー」の生地の厚さは「6.1オンス」

「透けにくい」と表記のある「ヘインズ ジャパンフィットTシャツ」の「5.3オンス」よりも生地が厚く、透けにくい安心感があります。

 

「オンス」とは「系の重さ」表す単位ですが、現在は「生地の厚さ」の意味で使われることがほとんどです。

 

真夏に着ても快適な「6.1オンス」

「ビーフィー」は、6.1オンスの厚手でありながら、決して極厚ではないため、真夏に着ても快適な生地の厚さ。

 

「透けない」ことを重視し極厚のTシャツを選ぶと、真夏にスウェットを着てるような感覚になります。私は「6.1オンス」が、真夏でも快適に過ごせるギリギリの生地の厚さだと思っています。

【関連記事】

 

▼5.3オンス「ヘインズ ジャパンフィット」

 

3.【理由②】肩幅広めでもラクなサイズ感(XLサイズ)

 

f:id:mover074:20210704132332j:image

画像出典:ミリタリーショップWAIPER

2つ目の理由は、「肩幅広めでもラクなサイズ感(XLサイズ)」

「ビーフィー」のサイズ感はやや大きめで、縦長というよりは四角い「ボックスシルエット」。

肩幅も広めの作りで、着ると肩の縫い目が少し落ちる感じになります。

肩幅広めの私が着ても、肩まわりが突っ張ることなく、少し肩の縫い目が落ちています。

 

ビーフィーのサイズ感(XLサイズ)

私は現在【174センチ65キロ】で「XLサイズ」を着ていますが、ピタッとすることもなく、ダボつくこともないサイズ感。

1年前に【174センチ58キロ】で「XLサイズ」を着ていたときは、「胸板・ウエストまわり」に今よりもゆとりがあり、全体的にオーバーサイズ感が分かる感じでした。

 

さらに大きいXXLサイズもある

あくまでも目安ですが、【180センチ70キロ】の方は、さらに大きい「XXLサイズ」を選んで頂くと、ビーフィーらしいゆとりのあるサイズ感になりそうです。

 

サイズを上げると着丈だけが異常に長くなるTシャツもありますが、「ビーフィー」は元々がボックスシルエットのため、お尻がすっぽり隠れるような長さにはなりません。

 

▼XXLサイズ

 

4.【理由③】安っぽく見えないシルエット

 

f:id:mover074:20210704135844j:image

画像出典:ZOZO JEANS MATE 

【HANES】BEEFY パックTシャツ H5180/ヘインズ/ビーフィー/Tシャツ/無地/ヘビーウェイト/ユニセックス

3つ目の理由は、「安っぽく見えないシルエット」

最近GUでよく見かける「ドロップショルダーTシャツ」は、肩の落とし方が激しく、着るとほぼ「5分袖」状態。肩がだるんと下に落ちた、ある意味「若者らしい」シルエットではありますが、安っぽく見えることもあります。

 

綿100の張り感のあるシルエット

「ビーフィー」も、着ると肩の縫い目が少し落ちますが、「窮屈感がない」「きれいに見える」シルエットを保っています。

また、「綿100」で張り感もあるので、全体的にずり落ちて見えるようなシルエットにはなりません。

 

5.【理由④】無地・ポケットありを選べる

 

▼ポケットあり

 

4つ目の理由は「無地・ポケットありを選べる」

「ビーフィー」は「無地・2枚組パックT」が有名ですが、ポケットありも販売があります。

ただし、こちらは2枚組はなく、1枚ずつの販売

 

私は「絶対ポケットありが良い!」というこだわりがあるわけではないですが、「無地・ポケットあり」の選択肢があると、気分によって使い分けができるので便利です。

 

カラーバリエーションも充実

 

 

私はとにかく汗染みが気になるので(笑)、「白・黒」の2色しか買わないのですが、「ネイビー・カーキ・パープル」などのカラーバリエーションもあります。

【関連記事】

 

6.【理由⑤】そんなに高くない(ドンキでも買える)

 

f:id:mover074:20210704125029j:image

 

最後5つ目の理由は、「そんなに高くない(ドンキでも買える)」

「ビーフィー」の価格は1枚約1,600円で、ユニクロや無印とほぼ変わらない価格。

むしろ、他の厚手Tシャツと比べると安い部類に入るので、お得感のあるTシャツと言えます。

 

ビーフィーの取扱店舗

また、意外と知られていないのが「ビーフィー」の取扱店舗。身近なところだと「ドンキ」「ライトオン」「しまむら」などで購入可能です。

全店舗必ずではないですが、ドンキの大型店舗では、ビーフィーを置いてる可能性が高いです。

【関連記事】

 

7.愛用者が見つけた2つの欠点

 

f:id:mover074:20210704141934j:image

 

「ビーフィー」の欠点というと大げさですが、私が気になるのは次の2点。

  • 【欠点①】腰のタグがひっくり返っているときがある
  • 【欠点②】厚手Tシャツあるあるで、ちょっと乾きにくい

 

それぞれ簡単に解説します。

 

【欠点①】腰のタグがひっくり返っているときがある

 

f:id:mover074:20210704142456j:image

 

「ビーフィー」は、首裏のタグが「転写プリント」で、よくある首のチクチクがありません。

ですが、その代わりに腰にタグが付いていて、それがたまにひっくり返り、まわりから見えてる状態のときがあります。

 

ユニクロやGUのタグじゃないので、「別に見えても良い」と勝手に思っていますが(笑)、気になる方は思いきってカットしても良さそうです。

 

【欠点②】厚手Tシャツあるあるで、ちょっと乾きにくい

「ビーフィー」は、「厚手・ヘビーウェイトTシャツ」のカテゴリーに入るため、薄手のTシャツに比べるとやや乾きにくいと言えます。

 

とはいえ、例えば梅雨の時期は小さい靴下ですら乾きにくいので、ある意味仕方がないかなと。

「ビーフィー」を着るメインの時期が、梅雨明けの7月以降なので、夏は綿100のタオルと同じように気持ち良く乾きます。

 

まとめ

 

【BEEFY】私がビーフィーTシャツにハマった5つの理由

  • 【理由①】安心の6.1オンス
  • 【理由②】肩幅広めでもラクなサイズ感(XLサイズ)
  • 【理由③】安っぽく見えないシルエット
  • 【理由④】無地・ポケットありを選べる
  • 【理由⑤】そんなに高くない(ドンキでも買える)

 

ビーフィーの2つの欠点

  • 【欠点①】腰のタグがひっくり返っているときがある
  • 【欠点②】厚手Tシャツあるあるで、ちょっと乾きにくい

 

最後に。

 

 

はじめにお伝えした通り、「ビーフィー」は「使いやすさ・シルエット」などの点で、非常にバランスの取れたTシャツ。

そのため、ビーフィーを基準として、「もっと厚手でも良いな」「もっと大きめサイズが良いな」と、調整することもできます。

 

みなさんにも、ハマっちゃうようなTシャツが見つかりますように。

THANKS☺︎

【関連記事】