あざとボーイブログ

元ジャニーズJr.研修生が、過去の栄光を引きずりながら書くブログ(笑)お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

【メンズ BBクリーム】BBクリームよりCCクリームのほうが自然でナチュラルって本当?

自然・ナチュラル派には、CCクリームがおすすめ?

f:id:mover074:20200610230414j:image

「BBクリームを使っているんだけど、ファンデーションみたいに、塗った感じが強いんだよね」

 

「CCクリームって、肌荒れをカバーできるのかな?」

 

この記事は

  • BBクリームだと、厚塗り感が出て困っている
  • 今後CCクリームを使ってみたいと思っている

そういった方に読んで頂きたい記事です。

 

BBクリームを使っていると、「もうちょっと厚塗り感をなくしたい」「自然に見せたい」と思うこと、ありますよね?

 

そんなとき、私がおすすめしたいのは、CCクリーム。

 

BBクリームの影に隠れがちですが、使い方や目的によっては、CCクリームのほうがおすすめできる場合があります。

 

CCクリームという言葉を初めて聞いた方も、BBクリームとの違いが分からない方もいると思いますので、もう少し詳しく見ていきましょう!

 

 

BBクリームとCCクリームの特徴や違いについて

f:id:mover074:20200610230455j:image

CCクリームの特徴・違いについて、BBクリームと比較しながら見ていきます。

 

BBクリーム

【使用目的】

ニキビ、ニキビ跡、シミ、クマ、毛穴、青ひげなどをしっかりカバーし、肌をきれいに見せるため。

 

  • カバー力がある
  • ファンデーションに近い
  • クリームは色付き(ベージュ系)
  • 使用後はクレンジングが必要
  • ニキビ、毛穴、青ひげなどを、しっかり隠したい人向け

 

CCクリーム

【使用目的】

顔全体のトーンを上げ、自然に明るく見せるため。ニキビ、シミ、毛穴などを、ナチュラルにカバーしきれいに見せるため。

 

  • 顔全体の肌色を上げてくれる
  • ファンデーション(BBクリーム)よりも、カバー力は低い
  • クリームは色付き(ベージュ系)
  • 使用後は、通常の洗顔料でもOK
  • より自然に、ニキビや毛穴をカバーしたい人向け

 

抑えておきたいポイントは、【BBクリームの目的はしっかりカバーすること】に対して【CCクリームは色のトーンを上げること】です。

 

「じゃあ、CCクリームでは肌荒れをカバーできないの?」

 

そんなことはありません!CCクリームにも、肌補正の効果は十分にあります!

 

むしろ、より自然に、ナチュラルに肌補正をしたいと考えている方に、おすすめのクリームです。

 

例えば、CCクリームを使うことで、以下のような「BBクリームのちょっとした不満」を解決することができます。

 

BBクリームのちょっとした不満

 

  1. 厚塗り感が出て、まわりにバレないか心配
  2. 顔にクリームを塗ってる感覚が疲れる
  3. 肌荒れの原因にならないか不安

 

CCクリームは、これらの不満を解決できます。

 

①BBクリームは、厚塗り感が出て、まわりにバレないか心配

f:id:mover074:20200610230548j:image

CCクリームにも、肌補正の効果はあります。BBクリーム同様、色付きのクリームです。

 

BBクリームがカバー力を重視しているのに対し、CCクリームは、自然で素肌感のある肌補正を重視しています。

 

実際使ってみての感想ですが、毛穴をカバーしたい鼻周り、頬のあたりは、CCクリームで十分でした。

 

どうしても隠したいニキビなどがあれば、そこだけにBBクリーム、もしくはコンシーラーを塗るという方法がおすすめです。

 

顔全体に、カバー力の強いBBクリームを塗るよりも、CCクリームのほうが、より自然な仕上がりになります。

 

【関連記事】

メンズBBクリーム使い方(塗り方)

 

②顔にクリームを塗ってる感覚が疲れる

CCクリームは、BBクリームに比べると、塗っている感覚が少なく、塗っている間も素肌の状態に近い感覚です。

 

BBクリームには、ファンデーションと同じようなカバー力を持たせるため、脂分が入ります。それが、肌に塗っている感覚の原因です。

 

それに比べCCクリームは、脂分が少なく、乳液や保湿クリームに近い感覚で使うことができるので、肌の違和感が少なくて済みます。

 

③肌荒れが進まないか心配

f:id:mover074:20200610230742j:image

BBクリームを使って、肌荒れがひどくなったという原因の一つに、クレンジングを使ってないことが考えられます。

 

CCクリームは、化粧落とし用のクレンジングを使わなくても、洗顔料だけ洗い流せるものが多いです。

 

毎日塗ることを考えると、カバーがそこまで必要ないときは、肌への負担が少ないCCクリームを使うことをおすすめします。

 

【関連記事】

BBクリームで肌が荒れる原因は?

 

最後に。

f:id:mover074:20200610230716j:image

まとめ
  • CCクリームは、BBクリームと同じように、色付きのクリームで、適度なカバー力がある
  • 厚塗り感をなくしたい、自然な仕上がりを求めるなら、CCクリームがおすすめ
  • 肌荒れの心配が少なく、肌への負担を減らしたい方にもおすすめ

 

今回は、 BBクリームよりも、自然に肌をきれいに見せたい方におすすめの、CCクリームについて解説しました。

 

BBクリーム、CCクリームの特性と使い方さえ理解できれば、韓国アイドル並みの美肌になることも可能です。

 

「肌きれいですね〜」と、初対面の女性から言われたときのうれしさはいまだに忘れません(笑)

 

クレンジング不要・オルビスのトライアル


肌荒れの原因に、クレンジングを挙げましたが、最近では、クレンジング不要のBBクリームもできています。

 

オルビスの肌補正クリーム。男性の肌質に合った成分で作られています。

 

オルビスのメンズスキンケア「Mr.」初回送料無料

こちらは洗顔料、化粧水付きのトライアルで980円。私なら、美肌になれないタピオカを2杯(=980円)を飲むより、美肌になれる980円を選びます(笑)

 

ニキビは、できる前の予防が大切で経済的

肌荒れやニキビは、一度できてしまうと、完全に消えるまで1ヶ月以上かかります。肌のターンオーバーが約1ヶ月ということからも分かりますよね。

 

それより深刻なのは、ニキビ跡、クレーターの治療はかなり難しいということ。

 

芸能人の方ですら、テレビで見ると、意外とニキビ跡やクレーターがあることがわかります。プロでも治療が難しいのが現状です。

 

美容皮膚科のレーザー治療は、お試しの1回で10,000円。5回コースで50,000円...(経験済み)

 

完全に治るかわからない治療にお金をかけるより、予防できるタイミングで、正しいスキンケアをすることが大切だと、当時の自分に言ってやりたいです(笑)

 

今回の記事が、 BBクリーム、CCクリームを使う際の参考になればうれしいです!