あざとボーイブログ

月間15万PV。お店での接客を文章でお伝えできたらと思っています。

【2022夏】ダサいと言われない白黒モノトーンコーデおすすめ7選【メンズ】

【2022夏】ダサいと言われない白黒モノトーンコーデおすすめ7選【メンズ】

 

f:id:mover074:20220526101828j:image

 

【お悩み・疑問】

「普段、白黒のモノトーンコーデが多いんだけど、ネットで検索したらダサいって出てきて...」

 

【この記事を読んでくださった5分後のあなた】

  • 2022年最新の「夏の白黒モノトーンコーデ」のバリエーションが分かる
  • ダサいと言われない着こなし、合わせ方のポイントが分かる

 

「かかってる」「ダサい」と言われない白黒モノトーンコーデをご紹介!

 

  • 「普段黒い服を着ることが多いから、自然と白黒のモノトーンコーデになるんだけど、ダサいって思われてないか心配で...」
  • 「決め過ぎないようにはしてるんだけど、例えばどんな着こなしだとダサいって思われないんだろう...」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「【2022夏】ダサいと言われない白黒モノトーンコーデおすすめ7選」をご紹介します。

 

今回は、白黒モノトーンコーデが「ダサい」理由を、「かかってる」「やり過ぎ感」「ナルシスト」とし、そう見えない着こなしを厳選しました。

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

▼「かかってる」モノトーンコーデのイメージ

f:id:mover074:20220526214531j:image

 

経歴
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系)
  • VMD(レイアウト)・バイイング
  • SNS総フォロワー数4,000人
  • WEARフォロワー数5,000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日約5,000アクセスあるブログです。

 

【2022夏】ダサいと言われない白黒モノトーンコーデおすすめ7選【メンズ】

 

◆目次◆

  1. 【ベーシック白Tシャツ】コーデ
  2. 【オーバーサイズ黒Tシャツ】コーデ
  3. 【ストリートハーフパンツ】コーデ
  4. 【ストリート柄シャツ】コーデ
  5. 【ドレープシャツ】コーデ
  6. 【セットアップ】コーデ
  7. 【ジレベスト】コーデ

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.【ベーシック白Tシャツ】コーデ

 

f:id:mover074:20220525174749j:image

画像出典:ZOZO ADAM ET ROPE'【汗染み防止】スエットガード ポケットTEE

白の無地Tシャツにスラックスパンツを合わせた、スッキリとした着こなし。

シンプル過ぎてやや物足りなさはあるものの、かかってる雰囲気はなく、安心感があります

 

シンプルな合わせでは「清潔感」がカギになるので、Tシャツ、スラックスパンツは、ヨレや汚れのないものをぜひ選んでください。

サンダルの種類は、流行りを押さえた「グルカサンダル」「OOFOS」なども良さそうです。

 

【関連記事】

 

 

2.【オーバーサイズTシャツ】コーデ

 

f:id:mover074:20220525175032j:image

画像出典:ZOZO epnok タックオーバーTee

黒のオーバーサイズTシャツに、ワイドシルエットのスラックスパンツを合わせた、落ち着いた印象の着こなし。

 

白黒モノトーンコーデは、「クール・モード」な印象になりがちですが、それぞれのアイテムにゆとりを持たせることで、やわらかい印象に仕上がります。

また今回は、パンツの色が「真っ白」ではなく「アイボリー」である点も、やわらかい印象を作っています。

 

【関連記事】

 

 

3.【ストリートハーフパンツ】コーデ

 

f:id:mover074:20220525175611j:image

画像出典:ZOZO kutir ビックシルエットトロミルーズショートスリーブシャツ

白黒モノトーンコーデは、比較的「きれいめ」な着こなしが多く、今回のような「ストリート」な着こなしはややめずらしいかもしれません。

 

ですが、「オーバーサイズトップス」「ワイドシルエットパンツ」など、自然と着こなしにゆるさができるため、「かかってる・やりすぎ感」が出にくい着こなしだったりします。

こちらのシャツはドレープ感のあるものですが、一般的な「綿100」のものでも問題ありません。

 

【関連記事】

 

 

4.【ストリート柄シャツ】コーデ

 

f:id:mover074:20220525175814j:image

画像出典:ZOZO Manhattan Square Garden ルーズシルエット オープンカラー アロハシャツ 総柄 ペイズリー 花柄

今季も人気の総柄シャツに、ゆるめのカーゴパンツを合わせたストリートな着こなし。

こちらの柄シャツは、たまたま攻めた感じの「ペイズリー柄」なので、もう少し控えめな「ペイズリー柄」「幾何学柄」などに変更しても良いかもしれません。

 

ストリートな着こなし含め、「スニーカー」合わせはコーデに抜け感が生まれるので、「かかってる・決め過ぎ感」をやわらげる効果があります。

 

【関連記事】

 

 

5.【ドレープシャツ】コーデ

 

f:id:mover074:20220525180308j:image

画像出典:ZOZO ADAMASTE ハイドレープリラックスドルマンスリーブシャツ

今回のコーデは、「艶感のあるシャツを合わせている」という点で、もしかすると、かかってると見られる可能性があります。

ただ、モデルの方にこちらの着こなしが非常に似合っていて、インナーの白カットソー、スニーカーで抜け感も作っているので、ご紹介させてください。

 

もし、「黒スキニー」「細身の革靴・ブーツ」を合わせてしまうと、かかってる感じが出てしまうので、控えていただくのが安心です。

 

 

6.【セットアップ】コーデ

 

f:id:mover074:20220525180726j:image

画像出典:ZOZO JUNRed バイシクル2タックイージーパンツ

秋冬の「テーラードジャケット」のセットアップでは、決め過ぎ感、またビジカジっぽく見られることがありますが、夏の「半袖シャツ」のセットアップでは、そういった心配がありません

そのため、モノトーンのセットアップの場合も、かかってる雰囲気になりにくいと言えます。

 

また今回のコーデは、全体として細身のシルエットながら、決して「タイト」ではないので、着こなしに余裕が見られます。

 

【関連記事】

 

 

7.【ジレベスト】コーデ

 

f:id:mover074:20220525181002j:image

画像出典:ZOZO TRストレッチスーツ地 ルーズ ダブルジレベスト EMMA CLOTHES 2022SS

今季のトレンドアイテム「ジレベスト」を合わせた、今年らしい着こなし。

「きれいめ」な着こなしで使われることが多いジレベストも、今回のようにワイドデニムパンツに合わせることで、「カジュアル」寄りに見せることができます

 

やや個性的な着こなしに見られる可能性はありますが、トレンド感を押さえた、今っぽい着こなしなので、ぜひ安心して試してみてください。

 

【関連記事】

 

 

まとめ【ダサいと言われない白黒モノトーンコーデメンズ】

 

【2022夏】ダサいと言われない白黒モノトーンコーデおすすめ7選

  • 【ベーシック白Tシャツ】コーデ
  • 【オーバーサイズ黒Tシャツ】コーデ
  • 【ストリートハーフパンツ】コーデ
  • 【ストリート柄シャツ】コーデ
  • 【ドレープシャツ】コーデ
  • 【セットアップ】コーデ
  • 【ジレベスト】コーデ

 

最後に。

 

 

白黒のモノトーンコーデは、他のカジュアルな着こなしに比べ、どうしても「かかってる」「やり過ぎ感」「ナルシスト」な印象になりやすいところがあります。

 

対策としては、「合わせるアイテムのサイズ感にゆとりを持たせる」「スニーカーやサンダルで抜け感を作る」などがあるので、普段の着こなしに取り入れやすいものからぜひ試してみてください。

お気に入りの白黒モノトーンコーデが見つかりますように。

THANKS☺︎