あざとボーイブログ

月間9.3万アクセス。お店での接客を文章でお伝えできたらと思っています。

【街着・私服OK!】一枚で着れるTシャツの選び方ポイント5選【メンズ】

【街着・私服OK!】一枚で着れるTシャツの選び方を教えて!【メンズ】

 

f:id:mover074:20210730212854j:image

 

【お悩み】

「夏に、一枚で着ても肌着っぽいとか、だらしないとか言われないTシャツってどう選べばいいの?」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 「一枚で着れる」「街着・私服用」のTシャツの選び方が分かる
  • 「肌着っぽい・だらしないTシャツ」と言われる心配がなくなる
  • 「乳首が透ける」「汗染み」など、よくある失敗を事前に防ぐことができる

 

【生地の厚さ・色・シルエット】一枚で着れるTシャツの失敗しない選び方をご紹介

 

夏コーデのマストアイテム「Tシャツ」。

「夏はTシャツ一枚派」の方にとって、私服でも安心して着られるTシャツ選びは重要ですよね。

 

でも…

  • 「Tシャツは一枚で着たい派なんだけど、肌着っぽいとかだらしないって言われたくないな…」
  • 「街着用でも問題ない、一枚で着れるTシャツってどう選べばいいんだろう...」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「一枚で着れるTシャツの選び方ポイント5選」をご紹介します。

 

「一枚で着れるTシャツ」をもう少し噛み砕くと、次のような意味合いを含んでいることが分かります。

  • 肌着に見えないTシャツ
  • だらしなく見えないTシャツ
  • 街着(私服)として着れるTシャツ

 

今回は以上の意味合いを踏まえ、「一枚で着れるTシャツ」を選ぶ際に、特に意識したいポイントを5点厳選しました。

 

「失敗しないTシャツ選びをしたい方」「一枚で着れるTシャツの生地の厚さ、色などを確認したい方」に、ぜひ見て頂きたい内容になっています!

 

こんな人が書いてます【経歴】
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系列)
  • VMD(レイアウト)・バイイング経験あり
  • SNS総フォロワー数4000人
  • WEARフォロワー数5000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日3000人の方が見てくださっているブログです。

 

【これで解決!】一枚で着れるTシャツの選び方ポイント5選【メンズ】

 

◆目次◆

  1. 一枚で着れるTシャツの選び方ポイント5選
  2. 【ポイント①】乳首が透けない生地の厚さ
  3. 【ポイント②】汗染みが目立たない色
  4. 【ポイント③】女子ウケ狙いなら「白・黒Tシャツ」
  5. 【ポイント④】「控えめオーバーサイズ」が今っぽい
  6. 【ポイント⑤】子どもっぽい「ドロップショルダー」に注意

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.一枚で着れるTシャツの選び方ポイント5選

 

f:id:mover074:20210730193530j:image

 

今回ご紹介する「一枚で着れるTシャツの選び方」のポイントは、次の5点。

 

  • 【ポイント①】乳首が透けない生地の厚さ
  • 【ポイント②】汗染みが目立たない色
  • 【ポイント③】女子ウケ狙いなら「白・黒Tシャツ」
  • 【ポイント④】「控えめオーバーサイズ」が今っぽい
  • 【ポイント⑤】子どもっぽい「ドロップショルダー」に注意

 

それぞれ解説します。

 

2.【ポイント①】乳首が透けない生地の厚さ

 

f:id:mover074:20210730193419j:image

 

1つ目のポイントは、「乳首が透けない生地の厚さ」

今回は、Tシャツの下にインナーを挟まず、1枚で着ることが条件のため、乳首が透けない「やや厚手の生地」がオススメ。

 

特に、夏に着ることの多い「白Tシャツ」の場合、「薄い生地」では「乳首が透ける」「肌の色が透ける」「肌着・下着っぽく見える」などのおそれがあります。

 

たとえ白以外のTシャツであっても、ある程度の「生地の厚さ」がなければ、透けはしないが「乳首が浮く」こともあるので、やはり「やや厚手の生地」を選ぶのが安心。

 

「透けにくい」の基準は「5.3オンス」以上

「やや厚手の生地」は、「ヘビーウェイト・ヘビーオンス」といったキーワードを目印に選んで頂ければOK。

 

具体的な数字で言うと、透けにくいと表記のある『HANESのジャパンフィット』Tシャツが「5.3オンス」

(「透けにくい」を重視する方は「6.1オンス」の『HANESのBEEFY』Tシャツもオススメ)

 

「オンス表記のない」Tシャツのほうが一般的ですが、名称に「ヘビーウェイト・ヘビーオンス」と書かれたものは、「5.3オンス」以上のものがほとんどです。

 

【関連記事】

 

 

3.【ポイント②】汗染みが目立たない色

 

f:id:mover074:20210730192947j:image

 

2つ目のポイントは、「汗染みが目立たない色」

汗をかきにくい方は問題ないですが、私のように汗っかきの方は、「汗染みが目立たない色」のTシャツを選ぶのが安心。

 

特に1枚で着る場合は、肌が直でTシャツに触れるため、汗をかきやすい「脇・背中・胸元」は悲惨なことになりかねません。

 

汗染みは、例えば「グレー・ベージュ」のような「色の濃淡」が分かりやすく出るTシャツが危険で、逆に、濃淡が分かりにくい「白・黒」は比較的安全

 

もしお気に入りのTシャツが「グレー・ベージュ」の場合は、1枚で着るのは控えて、下にインナーを着るのが良さそうです。

 

汗染み防止Tシャツの選択肢もあり

「白・黒」のTシャツを選ぶことも汗染み対策の一つですが、最近は「汗染み防止加工」が施されたTシャツも販売されています。

 

あくまで「防止」なので、100%汗染みができないわけではないですが、「1枚で着る」場合には心強いアイテムではないでしょうか。

 

【関連記事】

 

 

4.【ポイント③】女子ウケ狙いなら「白・黒Tシャツ」

 

f:id:mover074:20210730193044j:image

 

3つ目のポイントは、「女子ウケ狙いなら『白・黒Tシャツ』」

これまでに、「夏はシンプルなTシャツコーデが好き」という女性からの声を一度は聞いたことがあると思います。

 

ここで押さえておきたいのは、女性は「Tシャツ」と言いつつ、頭では「白・黒のTシャツ」を思い浮かべているということ。

 

もちろん、ベージュ、ネイビーのTシャツが好きな女性もいるでしょう。

ですが私なら、女子ウケの可能性が高い「白・黒のTシャツ」を優先的に選ぶのですが笑、みなさんはどうでしょうか?

 

女子ウケ以外の「白・黒Tシャツ」のメリット

「いや、女子ウケでTシャツの色は選ばない」という方に、女子ウケ以外の「白・黒Tシャツ」のメリットもご紹介します。

 

例えば次の通り。

  • 汗染みが目立ちにくい
  • パンツ・バッグとの色合わせに迷う心配がない
  • コーデの抜け感(白)、コーデを締める(黒)効果がある
  • 白Tシャツは「夏・爽やか・明るい」印象を作りやすい
  • 黒Tシャツは「大人・モード・クール」な印象を作りやすい など

 

今回は「1枚で着る」が条件ですが、上に「シャツ・ジャケット」を羽織る場合も、「白・黒のTシャツ」は色合わせの心配もなく、使いやすい色と言えます。

 

【関連記事】

 

 

5.【ポイント④】「控えめオーバーサイズ」が今っぽい

 

f:id:mover074:20210730193346j:image

 

4つ目のポイントは、「『控えめオーバーサイズ』が今っぽい」

数年前から、Tシャツのサイズ感は「オーバーサイズ」が人気でしたが、年代、着こなしによっては、「子どもっぽく見える」「安っぽく見える」ことがあるので注意が必要。

 

夏コーデのトレンドを見ると、以前の【オーバーサイズTシャツ×黒スキニー】のような合わせから、「きれいめストリート」「セットアップ」といった着こなしに変わっていることからも、「控えめオーバーサイズ」のほうが今っぽいコーデに合わせやすいと言えます。

 

【関連記事】

 

6.【ポイント⑤】子どもっぽい「ドロップショルダー」に注意

 

f:id:mover074:20210730193437j:image

 

最後5つ目のポイントは、「子どもっぽい『ドロップショルダー』に注意」

「ドロップショルダー」は、「モード・アンニュイ」なスタイルと相性が良く、今も人気のデザイン。

ですが、肩が落ちた特徴的なシルエットが「子どもっぽい」「だらしない」と見えることもあるので注意が必要。

 

「1枚で着る」場合、特徴的なデザイン、シルエットは「様になる」メリットもありますが、「ドロップショルダー」に関しては、コーデのテイストに合っているか、だらしなく見えていないかをチェックする必要がありそうです。

 

【関連記事】

 

まとめ【一枚で着れるTシャツ】

 

一枚で着れるTシャツの選び方ポイント5選

  • 【ポイント①】乳首が透けない生地の厚さ
  • 【ポイント②】汗染みが目立たない色
  • 【ポイント③】女子ウケ狙いなら「白・黒Tシャツ」
  • 【ポイント④】「控えめオーバーサイズ」が今っぽい
  • 【ポイント⑤】子どもっぽい「ドロップショルダー」に注意

 

最後に。

 

 

「一枚で着れるTシャツ」には、「下着っぽく見えない」「街着でも恥ずかしくない」といった意味合いがあり、「生地の厚さ」「色」「シルエット」など、確認すべきポイントがあります。

 

今回ご紹介した5つのポイントは、きっちり決めたい「デート用のTシャツ選び」でも、ぜひチェックして頂きたいポイント。

 

夏は何かと出会い、集まりの多い時期なので、トレンドに合ったTシャツで、ぜひまわりと差をつけてください。

お気に入りのTシャツが見つかりますように。

THANKS☺︎

 

関連記事