あざとボーイブログ

月間15万PV。お店での接客を文章でお伝えできたらと思っています。

【2022夏】男目線!男ウケのいい淡色女子コーデおすすめ7選【レディース】

【2022夏】男目線!男ウケのいい淡色女子コーデおすすめ7選【レディース】

 

f:id:mover074:20220620213414j:image

 

【お悩み・疑問】

「淡色女子コーデって、もしかして男ウケ悪いのかな...悪いよりは良いほうがいいんだけど...」

 

【この記事を読んでくださった5分後のあなた】

  • 2022年最新の「男ウケのいい淡色女子コーデ」のバリエーションが分かる
  • 男目線で見た、「男ウケの良い」淡色女子コーデのポイントが分かる

 

男目線で「男ウケの悪い」「男ウケのいい」淡色女子コーデのポイントを解説!

 

  • 「普段淡色女子コーデをすることが多いんだけど、もしかして男ウケが悪いのかな...」
  • 「特にセクシーさを出したいわけじゃないけど、好印象というか、親しみやすいとは思ってもらいたいかも...」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「【2022夏】男目線!男ウケのいい淡色女子コーデおすすめ7選」をご紹介します。

 

ここで言う男ウケは、「あざとさ」というよりは、「好印象・親しみやすさ」といった面を重視しています。

 

先に、男ウケのいい淡色女子コーデのポイントを確認すると、次の3点。

 

  • 男性の好みが分かれる「大きめリボン」「ボウタイブラウス」を控えた合わせ
  • 「ぶりぶり」に見えるのを防ぐ、カジュアルさを取り入れた着こなし
  • 男ウケのポイントである、自然な「肌見せ・体のライン」が分かる着こなし

 

今回は、以上「3つのポイント」が分かる着こなしを中心に、おすすめコーデを厳選しました。

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

経歴
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系)
  • VMD(レイアウト)・バイイング
  • SNS総フォロワー数4,000人
  • WEARフォロワー数5,000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日約5,000アクセスあるブログです。

 

【2022夏】男目線!男ウケのいい淡色女子コーデおすすめ7選【レディース】

 

◆目次◆

  1. 【マーメイドスカート】コーデ
  2. 【ギンガムチェック柄スカート】コーデ
  3. 【フリルスカート】コーデ
  4. 【ロンパース】コーデ
  5. 【ジレベスト】コーデ
  6. 【長袖シャツ】コーデ
  7. 【ワントーン】コーデ

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.【マーメイドスカート】コーデ

 

f:id:mover074:20220618184902j:image

画像出典:ZOZO one after another NICE CLAUP Sサイズあり センタースリットマーメイドスカート

女性らしいシルエットが特徴の「マーメイドスカート」を合わせた着こなし。

男目線では、例えば「リボン(大きめ)付きブラウス」「ボウタイブラウス」のようなアイテムに対し、「女子感がちょっと強過ぎるかも...」といった感じで、好みが分かれるところがあります。

 

対して、今回のコーデにある「フリル・レース・パフスリーブ」などのデザインは、そういった印象を受けにくいので、まずはこちらのデザインを優先的に選んでいただくのがオススメ。

 

 

2.【ギンガムチェック柄スカート】コーデ

 

f:id:mover074:20220618185437j:image

画像出典:ZOZO Ambre Neige チェックマーメイドスカート/【WEB/EC限定商品】

淡色女子コーデに使われることが多いギンガムチェック柄は、例えば「ギンガムチェック柄×リボン」「ギンガムチェック柄×フリル」のような組み合わせになると、ガーリーさが強く出過ぎてしまうことがあります。

 

今回のコーデを見るとそういった組み合わせはなく、「ギンガムチェック柄スカート」が浮いて見えることなく、淡色女子コーデらしい「やさしい・やわらかい」印象に仕上がっています。

 

 

3.【フリルスカート】コーデ

 

f:id:mover074:20220618185857j:image

画像出典:ZOZO ZOZO one after another NICE CLAUP パールミュールサンダル

こちらのフリルスカートはガーリーな印象ですが、いわゆる「ぶりぶり」な感じではなく、淡色女子コーデらしい「可愛いさ」におさまっています。

 

また今回は、コーデの色合いを深みのある「モカ・ラテ」調で統一しているのもポイントで、きれいめ、落ち着いた印象にまとまっています。

サンダルのデザインについては、例えば「リボン×厚底」のようなガーリーさが強めの組み合わせは、好みが分かれるかもしれません。

 

 

4.【ロンパース】コーデ

 

f:id:mover074:20220618190502j:image

画像出典:ZOZO one after another NICE CLAUP シャーリングロンパース

今回は、淡色女子コーデの代表的な色合わせ「ベージュ・ブラウン」ではなく、「アイボリー(白)」をベースにしたワントーンの色合わせ

 

こちらのロンパースは、男ウケのポイントである「肌見せ・体のライン」が伝わるつくりで、普段淡色女子コーデをされない方にも試していただきたいアイテムと言えます。

また、「ワンピース」ではなく「ロンパース」のため、ガーリーさがうまく抑えられています。

 

 

5.【ジレベスト】コーデ

 

f:id:mover074:20220618190744j:image

画像出典:ZOZO COLONY 2139 リネンライクサイドオープンテーラードベスト / オープンサイドジレ

これまでのコーデとは少し雰囲気が変わり、トレンドのジレベストを合わせたカジュアルな着こなし

「淡色女子コーデ」というよりは、「淡色コーデ」と言ったほうがしっくりくるかもしれません。

 

男ウケのポイントは、「ジレベストの自然な肌見せ」「女性らしいシルエットのマーメイドスカート」など。「大きめリボン」のようなデザインがコーデに入っていないぶん、男性も構えることなく接することができそうです。

 

【関連記事】

 

 

6.【長袖シャツ】コーデ

 

f:id:mover074:20220618191045j:image

画像出典:ZOZO MAISON BREEZE リネンタッチリラックスシャツ

夏らしく涼しげな「リネンライクシャツ」「プリーツスカート」を合わせた、カジュアルな着こなし。

「男ウケ=好印象・親しみやすさ」としたとき、やはりカジュアルな着こなしは男ウケがいいと言えます。

 

とはいえ、あまり守りに入り過ぎると男ウケ要素が消えてしまうので、今回のように「胸元が広めのインナー」を合わせるなど、肌見せの範囲を広げるといった調節もアリではないでしょうか。

 

 

7.【ワントーン】コーデ

 

f:id:mover074:20220618191406j:image

画像出典:ZOZO NOFALL バックベルトフラットサンダル

「ベージュ」をベースにしたワントーンコーデ。

統一感のある上品な着こなしの中に程よい「ゆるさ」があり、アイテムの色味に加え、素材もやわらかいものを選ばれています。

 

「シアーシャツ」「ニットスカート」などは、それぞれ「透け感(肌見せ)」「体のライン」が自然と分かるアイテムで、決して狙ってる感のない、女性らしさが伝わってきます。淡色女子コーデの中でも、「きれいめ」が好みの方にオススメのコーデ。

 

 

まとめ【男ウケのいい淡色女子コーデ】

 

【2022夏】男目線!男ウケのいい淡色女子コーデおすすめ7選

  • 【マーメイドスカート】コーデ
  • 【ギンガムチェック柄スカート】コーデ
  • 【フリルスカート】コーデ
  • 【ロンパース】コーデ
  • 【ジレベスト】コーデ
  • 【長袖シャツ】コーデ
  • 【ワントーン】コーデ

 

最後に。

 

 

淡色女子コーデの着こなしは幅が広く、ガーリーさが強めのものから、スタイリッシュなものまで様々あります。

男ウケの視点で言うと、ガーリーな着こなしで使われることが多い「大きめリボン」「ボウタイブラウス」のようなデザインは、好みが分かれるところ

 

初デート、飲み会など、もし男ウケを少し意識したい場面では、一旦そういったデザインを控えていただくのが安心と言えるかもしれません。

お気に入りの淡色女子コーデが見つかりますように。

THANKS☺︎

 

関連記事