あざとボーイブログ

月間15万PV。お店での接客を文章でお伝えできたらと思っています。

【2022春夏】最新!今っぽいビッグTシャツコーデおすすめ7選【レディース】

【2022春夏】最新!今っぽいビッグTシャツコーデおすすめ7選【レディース】

 

f:id:mover074:20220414103827j:image

 

【お悩み・疑問】

「今はビッグシルエットのTシャツが人気なのは分かるけど、いまいちうまくコーデができなくて...」

 

【この記事を読んでくださった5分後のあなた】

  • 2022年最新の「今っぽいビッグTシャツコーデ」のバリエーションが分かる
  • 着こなしが難しいイメージのあるビッグTシャツの、今っぽい着方、合わせた方が分かる

 

【難しい…】大きいTシャツの今っぽい着こなし・コーデをご紹介!

 

  • 「ビッグTシャツって、いつもスキニーパンツに合わせてばっかりだから、もっと今っぽい着こなしもしてみたいんだけど...」
  • 「ビッグTシャツは、野暮ったく見えたり、太って見えないか心配で、ちょっと手を出しづらくて...」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「【2022春夏】最新!今っぽいビッグTシャツコーデおすすめ7選」をご紹介します。

 

これからご覧いただく「全7コーデの注目ポイント」は、次の3点。

 

  • トレンドアイテムを取り入れた今っぽい合わせ
  • ワンパターン化を防ぐ、「スキニーパンツ」以外のボトムスを合わせた着こなし
  • ③ビッグシルエットながら野暮ったく見えない、スッキリとした着こなし

 

今回は、以上「3つのポイント」が分かる着こなしを中心に、おすすめコーデを厳選しました。

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

経歴
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系)
  • VMD(レイアウト)・バイイング
  • SNS総フォロワー数4,000人
  • WEARフォロワー数5,000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日約5,000アクセスあるブログです。

 

【2022春夏】最新!今っぽいビッグTシャツコーデおすすめ7選【レディース】

 

◆目次◆

  1. 【ジレベスト】コーデ
  2. 【レイヤード】コーデ
  3. 【モノトーン】コーデ
  4. 【オールブラック】コーデ
  5. 【ハーフパンツ】コーデ
  6. 【スウェットパンツ】コーデ
  7. 【ゆるサイズ×ゆるサイズ】コーデ

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.【ジレベスト】コーデ

 

f:id:mover074:20220413193703j:image

画像出典:ZOZO COLONY2139 20/-OE天竺グラフィックT

今季、ビッグTシャツを含む、Tシャツコーデ全般で人気なのが「ジレベスト」の合わせ

今季のジレベストは「大きめ」が主流のため、ビッグTシャツの上に羽織った際に、窮屈感が出ません。

 

一概には言えないのですが、【ビッグTシャツ×ジレベスト】の合わせは、ビッグTシャツをタックインしていただいたほうが、スッキリと、脚を長く見せられるケースが多いです。

 

【関連記事】

 

 

2.【レイヤード】コーデ

 

f:id:mover074:20220413194134j:image

画像出典:ZOZO pual ce cin 切り替えボーダーT

ビッグTシャツの大きさ、ゆるさを活かしたレイヤードコーデ。

今年もレイヤードの流行りは継続で、特に「白カットソー」のレイヤードは、「コーデにメリハリをつける」「抜け感を作る」といった役割があります。

 

ビッグTシャツのシルエット、着丈の長さはブランドによって様々で、こちらのボーダーTシャツのように、ビッグシルエットながら、着丈が長くないタイプもあります。

 

【関連記事】

 

 

3.【モノトーン】コーデ

 

f:id:mover074:20220413194413j:image

画像出典:ZOZO pual ce cin 切り替えボーダーT

ビッグTシャツコーデの気になる点は、「コーデ全体が大きく見えそう...」「太って見えそう...」など。

その対策には、今回のように、「モノトーンの色合わせでコーデを締める」といった方法があります。

 

今回は、モノトーンの色合わせでコーデを締めつつ、「ボーダー」「ナイキエアリフト」で春夏の季節感、カジュアルさを取り入れることで、重く見えるのを防いでいます。

 

【関連記事】

 

 

4.【オールブラック】コーデ

 

f:id:mover074:20220413194623j:image

画像出典:ZOZO FRAMeWORK ストレッチポンチプルオーバー

春夏のオールブラックコーデは、重く見えるのを防ぐための「コーデの抜け感」がやはりポイントになります。

 

今回のコーデの抜け感は、小物の「サングラス」「リカバリーサンダル」、パンツの「サテン生地」、腕まくりの「肌見せ」など。

時期によっては、トップスを「黒のノースリーブ」「黒のメッシュニット」に変更するのもアリではないでしょうか。

 

【関連記事】

 

 

5.【ハーフパンツ】コーデ

 

f:id:mover074:20220413194830j:image

画像出典:ZOZO w closet パネルボーダースリットスリーブTee

今季のビッグTシャツコーデを見ていると、昨年以上に【ビッグTシャツ×ハーフパンツ(ショートパンツ)】の合わせが増えているように感じます。

 

今回注目したいコーデの「今っぽさ」は、「カットアウトトップス」「グルカサンダル」の2点。

この2点は、今っぽさに加え、肌見せによる抜け感を作ることもできるため、ビッグTシャツの着こなしで気になる「野暮ったさ」の解消に効果的です。

 

【関連記事】

 

 

6.【スウェットパンツ】コーデ

 

f:id:mover074:20220413195015j:image

画像出典:WEAR

ビッグTシャツの「ゆるさ・ダボ感」を素直に活かしたストリート寄りの着こなし。

ここで注意したい点は、その「ゆるさ・ダボ感」のせいで、コーデが「ダル着」のように野暮ったく見えてしまうこと。

 

今回のコーデを確認すると、トレンドアイテムである「ヤンキースキャップ」「ニューバランススニーカー」を合わせ、ダル着ではない、むしろこなれ感のある着こなしに仕上がっています。

 

【関連記事】

 

 

7.【ゆるサイズ×ゆるサイズ】コーデ

 

f:id:mover074:20220413195251j:image

画像出典:ZOZO LAVEANGE SCREEN STARS 別注/ナンバリングフットボールTシャツ

簡単そうに見えて実は難しいのが、タックインなしで、上下を「ゆるサイズ」で揃える着こなし。

感覚的な表現になりますが、この着こなしでは「雰囲気・こなれ感」が重要で、今回のコーデで言うと、色合わせ、地面スレスレのパンツの着丈、エコバッグなど。

 

再現する際は、例えば「大ぶりのピアス・バングル」を付けたり、足元を「グルカサンダル・リカバリーサンダル」にすると、「雰囲気・こなれ感」を分かりやすく見せられるのではないでしょうか。

 

 

まとめ【2022ビッグTシャツコーデレディース】

 

【2022春夏】最新!今っぽいビッグTシャツコーデおすすめ7選

  • 【ジレベスト】コーデ
  • 【レイヤード】コーデ
  • 【モノトーン】コーデ
  • 【オールブラック】コーデ
  • 【ハーフパンツ】コーデ
  • 【スウェットパンツ】コーデ
  • 【ゆるサイズ×ゆるサイズ】コーデ

 

最後に。

 

 

ビッグTシャツは、「いつも同じ合わせになってしまう」「スタイルが悪く見えそう」など、着こなしが難しいイメージのあるアイテム。

 

ですが、今回ご紹介したコーデのように、ビッグTシャツならではの「ゆるさ」を活かし、「トレンドアイテム」を取り入れることで、スッキリとした今っぽいコーデに仕上げることは十分可能です。

 

中でも「ジレベストコーデ」「レイヤードコーデ」は気軽にできる着こなしなので、ぜひ一度試してみてください。

お気に入りのビッグTシャツコーデが見つかりますように。

THANKS☺︎

 

関連記事