あざとボーイブログ

月間15万PV。お店での接客を文章でお伝えできたらと思っています。

【2021最新】冬でもOK!白パンツコーデおすすめ7選【レディース】

【2021】冬でもOKなおしゃれ白パンツコーデを教えて!【レディース】

 

f:id:mover074:20211129201050j:image

 

【お悩み】

「冬に白パンツを履くと寒々しく見えそうで心配...でも冬コーデを見てたら、合わせてる人もけっこーいるし...」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 2021年最新の「冬の白パンツコーデ」のバリエーションが分かる
  • 冬でも寒々しく見えない、またおばさん見えしない着こなしのポイントが分かる

 

【難しい...】おばさん見え、寒々しく見えない冬の白パンツコーデをご紹介!

 

  • 「冬に白パンツを履くって、寒々しく見えないか心配で...」
  • 「あと、白パンツコーデって、なんとなくおばさんっぽく見える気がして...今っぽい着こなしを教えてほしい...」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「【2021最新】冬でもOK!白パンツコーデおすすめ7選」をご紹介します。

 

これからご覧いただくコーデの注目ポイントは、次の3点。

 

  • 寒々しくみえない「程よいボリューム・季節感が見える」合わせ
  • おばさん見えしない「気合いが入り過ぎていない」着こなし
  • モノトーン、ブルーグレーなど、白パンツと相性の良い色合わせ

 

今回は、以上「3つのポイント」が分かる着こなしを中心に、おすすめコーデを厳選しました。

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

こんな人が書いてます【経歴】
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系)
  • VMD(レイアウト)・バイイング経験あり
  • SNS総フォロワー数4,000人
  • WEARフォロワー数5,000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日4,700人の方が見てくださっているブログです。

 

【2021最新】冬でもOK!白パンツコーデおすすめ7選【レディース】

 

◆目次◆

  1. 【キルティングコート】コーデ
  2. 【チェスターコート】コーデ
  3. 【ファージャケット】コーデ
  4. 【ボアジャケット】コーデ
  5. 【ブルーグレーニット】コーデ
  6. 【ハーフジップニット】コーデ
  7. 【スウェット】コーデ

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.【キルティングコート】コーデ

 

f:id:mover074:20211129201240j:image

画像出典:ZOZO SENSE OF PLACE ハイウエストタックストレートパンツ

それぞれのアイテムを「白系」でまとめた、ワントーンコーデな着こなし。

気合いが入り過ぎていない自然体な「白パンツコーデ」で、時代遅れ感もありません。

 

「白パンツ」の色味は、大きく分けると「真っ白」「アイボリー(生成り色)」の2種類。

おばさん見えしにくいのは「アイボリー」で、最近は「白パンツ=アイボリーパンツ」のイメージが一般化し始めています。

 

【関連記事】

 

 

2.【チェスターコート】コーデ

 

f:id:mover074:20211129201706j:image

画像出典:WEAR

【白パンツ×グレー】の色合わせは相性が良く、清潔感のある、スッキリとした印象に仕上げることができます。

「白パンツ」は、黒パンツ同様の万能さがあり、アウターの定番色である「グレー・ベージュ・ブラウン・黒」などとも馴染みが良いアイテム。

 

ただ、【白パンツ×赤アウター(赤ニット)】は、季節的にクリスマスっぽく見えてしまうので、気になる方は避けていただいたほうが安心です。

 

【関連記事】

 

 

3.【ファージャケット】コーデ

 

f:id:mover074:20211129201937j:image

画像出典:ZOZO a.v.v. ゆるテーパードホワイトデニムパンツ

白パンツ以外のアイテムが、「ブラウン」「黒」とやや重さがあるため、白パンツをコーデの「抜け感」にし、うまくバランスをとっています。

 

白パンツは、やはり他の色のパンツに比べると「寒々しく」見えてしまうことがあるため、特に冬は、「ボリューム感のあるアウターを合わせる」「ボア、ニットなど、冬の季節感が分かりやすい素材を選ぶ」といったことも必要になります。

 

【関連記事】

 

 

4.【ボアジャケット】コーデ

 

f:id:mover074:20211129202309j:image

画像出典:WEAR

きれいめコーデに使われることの多い白パンツも、例えば「白コーデュロイパンツ」「白リブパンツ」にしていただくと、カジュアルコーデに取り入れやすくなります。

 

普段「スニーカー」を履かれることが多い方は、きれいめな「白スラックスパンツ」よりも、こういったカジュアルな白パンツのほうが扱いやすいかもしれません。

 

【関連記事】

 

 

5.【ブルーグレーニット】コーデ

 

f:id:mover074:20211129202601j:image

画像出典:ZOZO Discoat リブフレアカットパンツ

今年の冬、白パンツコーデでぜひ試していただきたいのが【ブルーグレーニット×白パンツ】の合わせ

合わせる白パンツの種類は、今回のようにカジュアルな「リブフレアパンツ」、きれいめな「テーパードパンツ」のどちらでもOK。

 

「ブルーグレーニット」「白パンツ」、どちらのアイテムも合わせ方が難しいという声が多かったりするのですが、この2つこそが相性の良いアイテムです。

 

【関連記事】

 

 

6.【ハーフジップニット】コーデ

 

f:id:mover074:20211129202808j:image

画像出典:ZOZO SENSE OF PLACE ハイウエストタックストレートパンツ

今季トレンドの「ハーフジップニット」に、白パンツを合わせたカジュアルコーデ。

新鮮さが見える白パンツコーデに、ハーフジップニットの「今っぽさ」が加わった、今年らしい白パンツコーデと言えるのではないでしょうか。

 

これまでの白パンツコーデは、スキニーのような「ピタッとした白パンツ」が主流でしたが、今はこのぐらいゆとりを持たせた白パンツも増え、気合いが入り過ぎていない白パンツコーデが人気です。

 

【関連記事】

 

 

7.【スウェット】コーデ

 

f:id:mover074:20211129203147j:image

画像出典:ZOZO coen モイスチャータッチテーパードパンツ

「スウェット」「キャップ」「スニーカー」の3点で、カジュアルさをしっかり前に出した着こなし。

また、カレッジロゴプリントを中心とした「ブルー」が、コーデのアクセントカラーになっています。

 

アウターのイメージとしては、例えば「古着っぽいカーキのキルティングジャケット」「膝下丈のベージュのトレンチコート」などを合わせても良さそうです。

 

【関連記事】

 

 

まとめ【白パンツコーデレディース】

 

【2021最新】冬でもOK!白パンツコーデおすすめ7選

  • 【キルティングコート】コーデ
  • 【チェスターコート】コーデ
  • 【ファージャケット】コーデ
  • 【ボアジャケット】コーデ
  • 【ブルーグレーニット】コーデ
  • 【ハーフジップニット】コーデ
  • 【スウェット】コーデ

 

最後に。

 

 

冬の白パンツコーデは、「寒々しく見えそう」といったイメージがあり、少し試しづらいところがあるかもしれません。

 

ですが、冬に「白パンツ」を合わせる着こなしは注目度が高く、今年は「モノトーン・ブルーグレー」アイテムを合わせた白パンツコーデが特に人気です。

 

寒々しく見えないよう、「ボリューム感のあるアウター」「季節感のあるニット・ウール素材」を取り入れながら、新鮮な白パンツコーデをぜひ試してみてはいかがでしょうか。

お気に入りの白パンツコーデが見つかりますように。

THANKS☺︎

 

関連記事