あざとボーイブログ

月間7万アクセスのブログです。お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

【これで安心!】ニキビができない日焼け止めクリームの使い方5つのポイント【メンズ】

ニキビができない日焼け止めクリームの使い方を教えて!【メンズ】

 

f:id:mover074:20210429163352j:image

 

【お悩み】

「男性も日焼け止めクリームを塗ったほうが良いって聞いたから使ってみたんだけど、なんだかニキビが増えた気がして…」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 日焼け止めクリームによって、ニキビができてしまう原因が分かる
  • 日焼け止めクリームを使っても、ニキビができない正しい使い方が分かる
  • ニキビの心配をせず、安心して日焼け止めクリームを使うことができる

 

日焼け止めクリームを使うと、ニキビができるって本当?【メンズ】

 

最近は、男性の「日焼け」「紫外線」に対する意識が高くなり、「男性用日焼け止めクリーム」の需要が増えていますよね。

 

でも…

  • 「日焼け止めを使ったほうが良いって聞いて使ってみたら、なんだかニキビが増えた気がして…」
  • 「ちゃんと洗顔もしてるのに、なんでニキビが増えたんだろう…僕には日焼け止めクリームが合わないのかな?」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

 

「日焼け止めクリーム」は、たしかに使うに値する十分なメリットがありますが、使い方によっては「ニキビの再発・悪化の原因」になる可能性もあります

 

そこで今回は、「ニキビができない日焼け止めクリームの使い方5つのポイント」をご紹介します。

 

「すでに日焼け止めクリームを使っている方」「これから使うかどうか検討中の方」、どちらの方も、ぜひ最後までご覧ください。

 

こんな人が書いてます(経歴)
  • 高校・大学時代にニキビに悩まされる
  • 病院、エステ、美容レーザー(50万)を受けるも改善せず
  • 病院でも治らなかったニキビを治すスキンケアが分かる
  • 私の失敗を踏まえ、最短でニキビを治すスキンケアをお伝えしたい
  • 現在、毎日2300人の方が読んでくださっているブログです。

 

ニキビができない日焼け止めクリームの使い方5つのポイント【メンズ】

 

◆目次◆

  1. ニキビができない日焼け止めクリームの使い方5つのポイント
  2. 【ポイント①】クレンジングを使う
  3. 【ポイント②】クレンジング不要の日焼け止めクリームを使う
  4. 【ポイント③】厚塗りはせず適量を守る
  5. 【ポイント④】日焼け止めクリームは清潔な手で塗る
  6. 【ポイント⑤】SPF・PAの数値を抑える

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.ニキビができない日焼け止めクリームの使い方5つのポイント

 

 

「美肌・美白・シミ予防・シワ予防」など、様々なメリットが期待できる「日焼け止めクリーム」ですが、使い方次第では「ニキビ・肌荒れ」など、逆効果になることもあります。

 

日焼け止めクリームを使って、すでにニキビができてしまった方も、今回ご紹介する5つのポイントを確認して頂ければ、「ニキビの再発・悪化」を防ぐことができるので安心してください。

 

ニキビができない日焼け止めクリームの使い方5つのポイント

 

さっそく、「ニキビができない日焼け止めクリームの使い方」を、5つのポイントに分けてご紹介します。

 

  • 【ポイント①】クレンジングを使う
  • 【ポイント②】クレンジング不要の日焼け止めクリームを使う
  • 【ポイント③】厚塗りはせず適量を守る
  • 【ポイント④】日焼け止めクリームは清潔な手で塗る
  • 【ポイント⑤】SPF・PAの数値を抑える

 

それぞれ解説します。

 

2.【ポイント①】クレンジングを使う

 

 

日焼け止めクリームは、化粧水などとは違い、「メイク・化粧品」に近いものなので、使用後は洗顔料とは別に「クレンジング」が必要になります

 

日焼け止めクリームの洗い残しに注意

女性は「メイク→クレンジング(メイク落とし)」の流れを自然に行いますが、男性にはこの流れがありません。

そのため、「クレンジング」の存在を知らないことが多く、日焼け止めクリームの「洗い残し」が起きてしまいます。

 

日焼け止めクリームの洗い残しは、ニキビ悪化の原因となるため、使用後は「洗顔料とクレンジング」をセットで行う必要があります。

 

3.【ポイント②】クレンジング不要の日焼け止めクリームを使う

 

 

先ほど「クレンジング」の話をしたばかりですが、最近は「クレンジング不要」の日焼け止めクリームも増えています

男性はクレンジングを使う習慣がないため、洗い残しを減らすことができる「クレンジング不要」タイプは助かりますよね。

 

クレンジング不要の日焼け止めクリームは効果が弱い?

「クレンジング不要」と聞くと、「日焼け止めの効果が弱いんじゃないの?」と思われる方もいますが、日焼け止めの効果は十分発揮されます

男性用・女性用問わず、「クレンジング不要」がスタンダードになりつつあるので、安心してお使いください。

 

4.【ポイント③】厚塗りはせず適量を守る

 

f:id:mover074:20210429162109j:image

 

男性、特に日焼け止めクリームを使い始めの方は、次のような塗り方をしてしまう方が多いようです。

 

  • 「1日分の日焼けを防がないといけないから、朝、多めの量を塗っておこう」
  • 「日焼け止めの効果を高めたいし、早く効果を実感したいから、毎日多めに塗っておこう」

 

しかしこれは、日焼け止めクリームの「厚塗り」になり、肌への負担・ニキビ悪化の原因となる可能性が高い塗り方。

 

日焼け止めクリームは適量で十分な効果がある

日焼け止めクリームには「適量」があり、それを守ることが、肌への負担を減らすことになります。

もし日焼けが気になる方は、一度の厚塗りよりも、「塗り直し」のほうが効果が期待できるため、「量」よりも「回数」を意識するのがオススメ

 

5.【ポイント④】日焼け止めクリームは清潔な手で塗る

 

f:id:mover074:20210429161738j:image

 

基本ですが、日焼け止めクリームを塗る際は、手を清潔にしてから塗りましょう。

日焼け止めクリームは、直接手で肌に触れながら塗るため、雑菌などが非常に付きやすいタイミング

 

まして、すでにニキビができ、赤く傷のようになっている箇所は、炎症が悪化しやすいため、注意が必要です。

 

日焼け止めの塗り直しは特に注意!

また、日焼け止めクリームの「塗り直し」は、合間の短時間に行うことが多く、つい手を清潔にしないまましがち

手が洗えない状況であれば、「ウェットティッシュ」を使うなど、なるべく清潔な状態にすることを意識しましょう。

 

6.【ポイント⑤】SPF・PAの数値を抑える

 

 

日焼け止めクリームには、肌に悪影響な紫外線を防ぐ数値として「SPF・PA」の数値が表示されています。例えば、「SPF30・SPF50」PA+・PA++」など。

それぞれ「数字が大きい」「+の数が多い」ほうが、いわゆる日焼け止め効果が高いのですが、その分肌への負担も大きくなります

 

日常使いは「SPF・PA」の数値を抑える

もし、学校・職場に行く際の「普段使い」として日焼け止めクリームを使う場合、「SPF・PA」の数値はそれほど大きい必要はありません。

目安としては次の通り。

 

  • 日常・普段使い:【SPF30・PA +】
  • アウトドア・海水浴:【SPF50・PA +++】

 

普段使いで「SPF50・PA +++」は、やや「オーバースペック」になることがあるので、なるべく短時間で洗い落とす、厚塗りを避けるなどして、肌への負担を減らすようにしてみてください。

 

まとめ

 

ニキビができない日焼け止めクリームの使い方5つのポイント

  • 【ポイント①】クレンジングを使う
  • 【ポイント②】クレンジング不要の日焼け止めクリームを使う
  • 【ポイント③】厚塗りはせず適量を守る
  • 【ポイント④】日焼け止めクリームは清潔な手で塗る
  • 【ポイント⑤】SPF・PAの数値を抑える

 

最後に。

 

 

日焼け止めクリームは、十分メリットがありますが、使い方によっては「肌への負担・ニキビ悪化」につながることもあります。

 

すでにニキビができてしまった方は、これ以上の悪化を防ぐために、今回ご紹介した5つのポイントを一度確認してみてください。

 

これから日焼け止めクリームを選ぶ予定の方は、「クレンジング不要」「SPF・PA」をチェックし、自分の使い方・目的にあったものを選んでみてください。

THANKS☺︎

【関連記事】