あざとボーイブログ

元ジャニーズJr.研修生が、過去の栄光を引きずりながら書くブログ(笑)お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

色黒さんがメンズBBクリームで自然な色白になれる方法・使い方

色黒なんだけど、BBクリームで自然な色白になれるかな?

 

お悩み

「これまで日焼けも気にしてなくて、肌が色黒なんだけど、BBクリームを使えば、自然な色白になれるかな?」

 


この記事は

「色黒の肌を、BBクリームを使って、自然な色白にする方法を知りたい方」

に読んで頂きたい記事です。

 

 

さっそく結論から。

自然な色白に見せるためには、いきなり色の白いBBクリームを選ぶのではなく、今より2割白く見える色を選ぶ。

 

 

色黒・地黒だって、色白になりたい!

まず始めに...私は地黒です(笑)正確に言うと、黄色っぽい色の肌なんですけど、ぱっと見は地黒ですね(笑)

 

それでも日焼け止めクリームを塗り、BBクリームを駆使し、自然な色白に仕上げています(突然の自画自賛)

 

今回は、そんな私の失敗談を含め、「BBクリームを使って、色黒さんが自然に色白になれる方法・使い方」について解説したいと思います。

 

【色黒向け】色黒さんが、自然に色白になれるBBクリームの使い方

 

  1. 自分の肌の色を確認すること。理想を高くし過ぎないこと
  2. 目標は、今の肌色から「2割」白く見せること
  3. BBクリームを塗れば塗るほど、色白に「なれない」

 

今回は、「自然な色白になれるBBクリームの使い方」を、3つに分けて解説したいと思います。

 

では、順番に見ていきましょう!

 

 1.自分の肌の色を確認すること。理想を高くし過ぎないこと。

 

芸能人や韓国アイドルの方を見ていると、「自分もこんな色白で美肌になれたら良いな〜」と憧れちゃいますよね!

 

しかし、例え1万円のBBクリームを使っても、塗っただけで、一瞬で理想の色白になれるわけではありません。

 

今回のテーマでもある、「自然に色白になる」ためには、その理想をちょっと下げる必要があります。

 

BBクリームを選ぶ前に、まずはもう一度自分の肌を確認しましょう。

 

BBクリームを使って、不自然な色白になってしまう原因は、この確認がちゃんとできていないから。

 

ちなみに、ちゃんと確認しないとどうなる?

 

確認しないままBBクリームを選ぶと、嘘みたいに白いBBクリームを選ぶ可能性が高い!

 

色白に見せたいから、白いクリームを買うのは当たり前なのですが、このまま使ってしまうと、立派な小梅太夫の完成です(笑)


 自然な色白になるためには、「段階」が必要です。これから、この「段階」の話も含めて、さらに詳しく解説していきます。

 

2.目標は、今の肌色から「2割」白く見せること

f:id:mover074:20200812011816j:image

まずは、色黒さんが目指す自然な色白が、どれぐらいの白さなのかを、決めてしまいたいと思います。

  

ではさっそく。

自然な色白とは、「今より2割色白になること」です!

 

つまり、いきなり3割白く見せようとすると、自然ではなく、不自然な色白になっていると思ってください。

 

この2割という基準を超えないことで、小梅太夫化を防ぐことができます。

 

じゃあ...ずっと2割しか色白になれないってこと?

そんなことはありません!

2割白く見せるというのは、あくまでも「今の自分の肌の色」を基準にして、2割です。

 

まずは、今の肌よりも2割白くなるBBクリームの色を選ぶ。

 

この色選びで、自然に見えるか、不自然に見えるかが決まると言っても過言ではありません。

 

これから日焼け対策をし、肌がターンオーバーされ、元の肌の色が白くなった時には、以前よりも白いクリームをぜひ選んでください。

 

先ほど少し触れた、「段階」とはこのことです。

今よりも白いBBクリームを使うためには、元の肌の色を白くするという段階が必要です。

 

3.BBクリームを塗れば塗るほど、色白に「なれない」

f:id:mover074:20200812011728j:image

BBクリームを使う方の中には、「BBクリームを塗れば塗るほど色が白くなる」と勘違いしている方が多いのではないでしょうか。

 

BBクリームは、重ね塗りをしても、量を多く使っても、色白にはなりません。むしろ、塗れば塗るほど、肌が黒く見えてしまうことも考えられます。

 

元々BBクリームには、「傷跡を隠す」という意味があり、肌荒れを隠すことが本来の目的です。

 

そのため、何度も重ね塗りをすることによって、よりカバー力が強調され、濃い色になり、結果元々の肌よりも黒く見えてしまうことがあります。

  

でも、トーンアップ効果って書いてあるBBクリームもあるよ?

たしかに、トーンアップ効果と書いているものもありますよね。

 

しかし、ここでも勘違いしがちなことは、必ずしも「トーンアップ=色白になる」とは限らないということ。


トーンアップとは、「肌の色を健康的に見せる」という意味合いが強く、決して色白を保証するものではありません。

 

肌を健康的に見せるためには、色白ではなく、むしろ血色を良く見せるために赤みを入れることもあります。

 

色白に見せる効果を期待するなら、トーンアップという言葉ではなく、BBクリームのベースの色を確認することが重要です

  

最後に。

f:id:mover074:20200812011510j:image

まとめ
  • 自然な色白に見せるためには、まず自分の肌の色を確認すること。
  • 「自然に」色白に見せる基準は、今の肌色より「2割」白く見せること。
  • 2割白く見えるBBクリームの色を選べるかどうかで、自然かどうかが決まる
  • BBクリームはカバーすることが本来の目的なため、重ね塗りをしたからといって、色白になるわけではない

 

 

今回は、色黒さん向け「自然に色白になるBBクリームの使い方」について解説しました。

 

もしこれを読んで、「もうどのBBクリームにすればいいかわから〜ん!」という方は、オルビスの980円のトライアルを使ってみてください(笑)

 

オルビスのメンズスキンケア「Mr.」初回送料無料

 

BBクリームよりも肌に優しい肌補正クリーム7日分に、3週間分の洗顔料と化粧水が付いたスキンケアセットです。

 

このサイズであれば、旅行用のスキンケアセットとして持っておいても良さそうですね!

 

このトライアルを、自分に合ったBBクリームを見つける判断基準にすることで、間違った買い物をせずに済むはずです。

 

今回の記事が、BBクリームの使い方の参考になればうれしいです!

 

THANKS☺︎