あざとボーイブログ

月間5.5万アクセスのブログです。お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

【1000件中ゼロ】残念だった・悪い評価を付けられない5つのポイント【メルカリ】

【なんで?】メルカリで「残念だった」悪い評価を付けられた...

 

f:id:mover074:20210118174130j:image

 

【お悩み】

「この前メルカリで、『残念だった』の評価を付けられて…また付けられないためにはどうしたらいいの?」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • メルカリで【残念だった】悪い評価を付けられない、5つのチェックポイントが分かる
  • 悪い評価が付く・付けられるよくある原因が分かる

 

【もう嫌だ!】メルカリで「残念だった」悪い評価を付けられないポイントを教えて!

 

最近、「メルカリ」のCMをテレビでよく見かけますよね。すでに初めている人、これから始める人もいるかと思います。

 

でも…

  • 「実はこの前、悪い評価をもらって…悪い評価が付くと、商品が売れにくくなるし本当に最悪…」
  • 「これからメルカリを始めようと思うんだけど、まだ取引に慣れていないし、悪い評価が付きそうで不安…」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「メルカリで悪い評価を付けられないポイント」をご紹介します。

 

私は、メルカリで1000件以上取引をしていますが、1度も悪い評価をもらったことがありません。

 

悪い評価をもらう原因は、出品者側、購入者側それぞれにあります。

悪い評価が付くと、商品が売れにくくなるどころか、また悪い評価を付けられる可能性も上がります...。

 

そうなる前に、今回ご紹介する5つのポイントをぜひチェックしてみてください!

 

こんな人が書いてます(経歴)
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系列)
  • VMD(レイアウト)・バイイング経験あり
  • WEARフォロワー数5000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日1800人の方が見てくださっているブログです。

 

【残念だった】悪い評価を付けられない5つのチェックポイント【メルカリ】

 

◆目次◆

  1. 【残念だった】悪い評価が付く・付けられるよくある原因
  2. 【チェック①】商品の状態・傷などをはっきり記載する
  3. 【チェック②】梱包は、やり過ぎぐらいがちょうどいい
  4. 【チェック③】自分は販売員だ、と思って対応する
  5. 【チェック④】悪い評価が1つ以上ある方からは購入しない
  6. 【チェック⑤】悪い評価が1つ以上ある方をブロックする

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.【残念だった】悪い評価が付く・付けられるよくある原因

 

f:id:mover074:20210118174309j:image

 

はじめに、「残念だった」の評価が付く、付けられる原因を確認します。

購入者側、出品者側に分け、それぞれのよくある原因をまとめると次の通りです。

 

購入者側に原因がある場合
  • クレーマー
  • 商品説明をしっかり読まず、傷などを確認していなかった
  • 商品説明をしっかり読まず、サイズが合わなかった
  • 言葉遣いが悪い(値段交渉)
  • すぐ送ってくれなど、催促が多い など

 

出品者側に原因がある場合
  • 悪い状態、傷などを記載せず出品した
  • 「新品」に設定したが、実は使用していた
  • 梱包が雑だった
  • 配送日時を守らず、発送が遅かった
  • 言葉遣いが悪い など

 

以上のように、「残念だった」の評価の原因は、両者にあることが分かります。

 

「残念だった」はもう嫌っ!5つのチェックポイントをご紹介!

 

f:id:mover074:20210118174443j:image

 

では、以上の両者の原因を踏まえ、取引の際に注意すべき5つのチェックポイントをご紹介します。

私が1000件中1度も悪い評価をもらわなかったのは、この5つのポイントを意識していたからです。

 

  • 【ポイント①】商品の状態・傷などをはっきり記載する
  • 【ポイント②】梱包は、やり過ぎぐらいがちょうどいい
  • 【ポイント③】自分は販売員だ、と思って対応する
  • 【ポイント④】悪い評価が1つ以上ある方からは購入しない
  • 【ポイント⑤】悪い評価が1つ以上ある方をブロックする

 

それぞれ解説します。

 

2.【ポイント①】商品の状態・傷などをはっきり記載する

 

f:id:mover074:20210118174521j:image

 

悪い評価は、商品の状態についての説明が不十分なときに起こります。

人は、「思っていたものと違った」場合に、クレームを入れます。

 

着用、使用によって悪化した状態、傷、部品の欠損などは、「おすすめポイント」よりもはっきり記載してください。

 

「でも、あんまり悪い状態を記載したら、売れなくなりそう…」

こう考えてしまう方が多いですが、実は逆!

人は、「欠点を納得したとき」にモノを買います。

 

例えば、

  • ちょっと高いけど、最新機能だし買おう
  • 裏地に染みがあるけど、見えないから買おう
  • ダメージはあるけど、古着っぽく着ればいいから買おう など

 

もちろん、わざわざひどく書き足す必要はないです。ありのままを書くことは、むしろよく売れるために必要なことです。

 

3.【ポイント②】梱包は、やり過ぎぐらいがちょうどいい

 

f:id:mover074:20210118174549j:image

 

雑な梱包も、悪い評価の原因になりやすいポイント。

 

よくある雑な梱包は、

  • 商品をビニール袋に入れず、紙の封筒にそのまま入れる
  • 小さい袋・箱にぎゅっと押し込んで梱包
  • 明らかに食品(野菜など)が入ったいた段ボールを使って梱包
  • 使い古した汚い袋・段ボールの再利用 など

 

たとえ破損しにくい「服」であっても、雑に梱包されたものは、相手に不快感を与えます。

梱包は、やり過ぎなぐらいしないと、相手に丁寧さが伝わりません。

 

1枚だったビニール袋を、2重にする

 

f:id:mover074:20210118175212j:image

 

とはいえ、梱包資材にあまりお金をかけたくない、節約したいのが本音ですよね。

オススメは、これまで1枚だったビニール袋を、2重にすること。

紙の梱包資材に比べ、ビニールの袋は比較的安く手に入ります。

 

ビニール袋を1枚多く使うだけで、「悪い評価・クレーム対応の時間・返品対応・返金」、何より嫌な気分になることを防ぐことができます。

 

4.【ポイント③】自分は販売員だ、と思って対応する

 

f:id:mover074:20210118175126j:image

 

メルカリは、以前までは「フリマ」的要素が強かったのですが、最近は「通販ショップ」のように捉える方が増えてきました。

そのため、購入者側は、「通販ショップと同じような対応」を望んでいると考えた方が良いです。

 

自分をショップの販売員と想定し、まずは「言葉違い」から意識してみましょう。

こちらが丁寧な言葉遣いで対応すると、相手もいい意味で緊張感を持って接してくれるため、悪い評価を付けにくくなります。

 

販売員がよく使うフレーズを真似する

では、実際どういったフレーズを使えばいいのか。

販売員がよく使うフレーズを真似するのも一つの方法です。

 

例えば、

  • ご購入ありがとうございます
  • 返信が遅くなり大変申し訳ありません
  • 梱包・発送に関してご要望があればご連絡ください
  • 先ほど商品を受け取りました。大変満足しております(購入後)
  • 探していたものだったので、手に入り大変うれしく思っております(購入後) など

 

取引では、「フランク」「フレンドリー」よりも、「かしこまった」「業務的」な言葉遣いの方が安心です。

 

5.【ポイント④】悪い評価が1つ以上ある方からは購入しない

 

f:id:mover074:20210118175104j:image

 

悪い評価のある方は、理不尽な場合を除き、常習の可能性が非常に高いです。

メルカリは、会社の業務とは違います。たとえ雑な仕事をしても、上司から指導されるようなことがないので、なかなか改善されません。

 

「悪い評価1つって、基準が厳しい気がするけど...」

すでにメルカリを利用されている方は分かると思いますが、メルカリの利用者には、本当に色々な方がいます(笑)

 

もし、悪い評価が1つ以上ある方と取引をする場合は、「何かトラブルが起きる」という覚悟を持って取引をしてください。

 

6.【ポイント⑤】悪い評価が1つ以上ある方をブロックする

 

f:id:mover074:20210118174944j:image

 

あまり大きな声では言えませんが、1つでも悪い評価が付いている方を、とにかく、片っ端にブロックしてください(笑)

正直この方法が、悪い評価をされない一番効果的な方法だと思っています。

 

悪い評価を多くもらっている方は、逆に悪い評価を付ける可能性も非常に高いです。特に、3つ以上悪い評価がある人は、絶対にブロックしてください。

 

「ブロックをいっぱいしたら、売れなくならない?」

私は、1000件以上の取引をしていますが、ブロックした人数も1000人ほどいます。

ですが、他の人よりも順調に売れているので、ブロックの人数は、売上と関係ありません。

 

スムーズな取引を続けることで、良い評価・良いコメントが増え、結果今後の売上に確実につながります。

 

まとめ

 

「残念だった」の評価をもらわない【5つのチェックポイント】

  • 【ポイント①】商品の状態・傷などをはっきり記載する
  • 【ポイント②】梱包は、やり過ぎぐらいがちょうどいい
  • 【ポイント③】自分は販売員だ、と思って対応する
  • 【ポイント④】悪い評価が1つ以上ある方からは購入しない
  • 【ポイント⑤】悪い評価が1つ以上ある人をブロックする

 

最後に。

 

メルカリは、素人同士の取引になるため、どうしてもトラブルが起きてしまうことがあります。

まずは、巻き込まれないことが一番大切なので、今回ご紹介した5つのポイントをチェックしてみてください。

 

最後に、通販ショップでも使われている梱包資材を3つ掲載しておきます。

多少費用はかかりますが、とにかくトラブル時のめんどくさい対応をしたくないので(笑)、私は使っています。

一度ご覧になってみてみてください。

THANKS☺︎

 

通販ショップで使われている梱包資材

 

▼テープ付き紙ショッパー(Mサイズ)

 

▼テープ付き透明ビニール袋(A3・大きめ)

 

▼テープ付きビニール袋(A 4)