あざとボーイブログ

月間15万PV。お店での接客を文章でお伝えできたらと思っています。

【2022夏】何色にする?ベージュコーデ差し色おすすめ7選(コーデ付)【レディース】

【2022夏】何色にする?ベージュコーデ差し色おすすめ7選(コーデ付)【レディース】

 

f:id:mover074:20220716164246j:image

 

【お悩み・疑問】

「普段ベージュコーデが多いんだけど、ちょっと差し色をいれたいとき、どの色にすればいいのか分からなくて...」

 

【この記事を読んでくださった5分後のあなた】

  • 夏のベージュコーデに合う差し色が分かる
  • ベージュコーデの統一感を崩さない、相性の良い差し色の合わせ方が、コーデ付きで分かる

 

【難しい...】夏のベージュコーデに合うおすすめの差し色をご紹介します!

 

  • 「普段のベージュコーデに、ちょっとしたアクセントになる差し色を入れたいんだけど、何色がいいんだろう...」
  • 「今年の夏はオレンジの差し色が多い気がするけど、他にはどんな差し色の合わせがあるのかな?」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「【2022夏】何色にする?ベージュコーデ差し色おすすめ7選(コーデ付)」をご紹介します。

 

今回おすすめしたいベージュコーデの差し色は、次の7色。

 

  • オレンジ
  • グリーン
  • ラベンダー
  • ピンク
  • ブルー
  • ホワイト
  • ブラック (コーデ順)

 

これから、以上「7色」を差し色として使ったベージュコーデをご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください!

 

経歴
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系)
  • VMD(レイアウト)・バイイング
  • SNS総フォロワー数4,000人
  • WEARフォロワー数5,000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日約5,000アクセスあるブログです。

 

【2022夏】何色にする?ベージュコーデ差し色おすすめ7選(コーデ付)【レディース】

 

◆目次◆

  1. 【ベージュ×オレンジ】コーデ
  2. 【ベージュ×グリーン】コーデ
  3. 【ベージュ×ラベンダー】コーデ
  4. 【ベージュ×ピンク】コーデ
  5. 【ベージュ×ブルー】コーデ
  6. 【ベージュ×ホワイト】コーデ
  7. 【ベージュ×ブラック】コーデ

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.【ベージュ×オレンジ】コーデ

 

f:id:mover074:20220716164944j:image

画像出典:WEAR

1つ目の差し色は「オレンジ」

オレンジは、色のイメージとして「ブラウン」に近く、大きなくくりではベージュの同系色と言えるため、ベージュコーデと相性の良い色。

 

「夏コーデ」の視点では、オレンジは「ビタミンカラー」と呼ばれるコーデを夏らしく見せてくれる色。

今季のベージュコーデは、オレンジを差し色にした合わせが特に多い印象があります。

 

 

2.【ベージュ×グリーン】コーデ

 

f:id:mover074:20220716165423j:image

画像出典:WEAR

2つ目の差し色は「グリーン」

グリーンは、色の濃淡などによって「モスグリーン」「カーキ」など名称が変わりますが、ベージュコーデの差し色としてオススメなのは、明るめの「ピスタチオ」と、今回の「鮮やかなグリーン」

 

【ベージュ×グリーン】の色合わせは、着こなしによっては「木(葉と幹)」のように見えてしまう恐れがあるため、差し色にはトレンド感のある「ピスタチオ」「鮮やかなグリーン」が安心です。

 

 

3.【ベージュ×ラベンダー】コーデ

 

f:id:mover074:20220716165946j:image

画像出典:WEAR

3つ目の差し色は「ラベンダー」

パープルではなく「ラベンダー」としたのは、淡い色味の「ラベンダー」のほうがベージュコーデと馴染みが良く、全体として「淡色カラーの統一感」を出すことができるため

 

もし、きれいめなベージュのジャケットセットアップであれば「パープル」の差し色もアリですが、今回のようにカジュアルなベージュコーデの場合、「ラベンダー」のほうが雰囲気に合うことが多いです。

 

 

4.【ベージュ×ピンク】コーデ

 

f:id:mover074:20220716170311j:image

画像出典:ZOZO Kastane メッシュ2WAYオーバーカーディガン

4つ目の差し色は「ピンク」

今回は、淡い色味のピンクを差し色に使い、コーデ全体を「淡色カラー」でまとめた着こなし。

 

やや感覚的になりますが、ピンクの差し色は「濃い色味」「淡い色味」のどちらもOKで、先ほどの「ラベンダー」とは少し違いがあります。

ベージュコーデの場合、差し色は必ずしも濃い色味でなくても、十分「差し色感」が伝わるので、淡い色味も安心して合わせてみてください。

 

▼コーデ画像にあるバッグが分からず、『Kastane』の近いバッグを掲載します。

 

5.【ベージュ×ブルー】コーデ

 

f:id:mover074:20220716171124j:image

画像出典:ZOZO Kastane【マルチウェイ】アメスリニットタンク×カーデSET

5つ目の差し色は「ブルー」

ご紹介しておきながら、「ブルー」は色味や合わせ方によってベージュコーデと相性が良く見えるとき、悪く見えるときがあり、今回のコーデは「相性が良く見える」パターン。

 

今回のようにカジュアルな着こなしであれば、ブルーをややUSED感のある色味にしたり、服ではなく、「バッグ・キャップ」など小物で取り入れていただくと、こなれ感のある差し色になります。

 

 

6.【ベージュ×ホワイト】コーデ

 

f:id:mover074:20220716171629j:image

画像出典:ZOZO COLONY2139 インステップカバートングサンダル

6つ目の差し色は「ホワイト」

ホワイトは、ベージュコーデの抜け感、夏の季節感になる差し色。

ベージュコーデの場合、今回の「ホワイト」、次にご紹介する「ブラック」にも差し色感が十分あり、コーデにメリハリをつけることができます。

 

夏の定番アイテム「白Tシャツ」「白サンダル」などはすでにお持ちの場合が多いので、差し色として気軽に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

7.【ベージュ×ブラック】コーデ

 

f:id:mover074:20220716172019j:image

画像出典:ZOZO feepur MUCH光沢ラバーTee

7つ目の差し色は「ブラック」

「ブラック」は、「ホワイト」とは逆にコーデを締める役割があり、ベージュコーデを「きれいめ・クール」に仕上げたいときにオススメの差し色。

 

特に「黒レザー」はコーデを締める役割が強く、バッグ、サンダルなどで取り入れることが多いです。

もしお持ちであれば、「黒の伊達メガネ」もさりげなく差し色にできるので、ぜひ試してみてください。

 

【関連記事】

 

 

まとめ【ベージュコーデおすすめ差し色レディース】

 

【2022夏】何色にする?ベージュコーデ差し色おすすめ7選(コーデ付)

  • 【ベージュ×オレンジ】コーデ
  • 【ベージュ×グリーン】コーデ
  • 【ベージュ×ラベンダー】コーデ
  • 【ベージュ×ピンク】コーデ
  • 【ベージュ×ブルー】コーデ
  • 【ベージュ×ホワイト】コーデ
  • 【ベージュ×ブラック】コーデ

 

最後に。

 

 

今季のベージュコーデを見ると、「オレンジ」の差しが多い印象があり、「バッグ」「シアートップスの重ね着」などで取り入れられています。

 

ベージュコーデの場合、派手な色ではない、淡い色味の「ピンク」「ラベンダー」などでも十分差し色の役割になるため、ぜひ安心して合わせてみてください。

お気に入りのベージュコーデ、差し色が見つかりますように。

THANKS☺︎

 

関連記事