あざとボーイブログ

月間14.1万PV。お店での接客を文章でお伝えできたらと思っています。

ブランド『GERRY(ジェリー)』の年齢層は?【結論:30代前半】

ブランド『GERRY(ジェリー)』の年齢層を教えてほしい!

 

f:id:mover074:20211108180121j:image

 

【お悩み】

「アウターでよく見かける『GERRY』っていうブランドが気になってるんだけど、年齢層はどれぐらいなの?」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 『GERRY』が「30代前半向けのブランド」と言える3つの理由が分かる
  • ブランドの年齢層を把握することで、服選びの際の基準にできる

 

ブランド『GERRY』の年齢層が「30代前半」と言える3つの理由をご紹介!

 

  • 「アウターを検索してて『GERRY』っていうブランドが気になったんだけど、年齢層ってどれぐらいなの?」
  • 「アウトドアっぽいデザインが多い印象だけど、私と同じぐらいの年齢の人も着てるのかな?」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「ブランド『GERRY(ジェリー)』の年齢層は?【結論:30代前半】」をご紹介します。

 

結論は、タイトルにもある通り「30代前半」と位置付けました。

今回は、その理由を3つに分けて解説します。

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

こんな人が書いてます【経歴】
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系)
  • VMD(レイアウト)・バイイング経験あり
  • SNS総フォロワー数4,000人
  • WEARフォロワー数5,000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日3,900人の方が見てくださっているブログです。

 

ブランド『GERRY(ジェリー)』の年齢層は?【結論:30代前半】

 

◆目次◆

  1. ブランド『GERRY』の年齢層が「30代前半」と言える3つの理由
  2. 【理由①】GERRYを象徴する「マウンテンパーカー」「ダウン」を基準に考えるから
  3. 【理由②】人気の高い「ショップ別注モデル」が高価格帯だから
  4. 【理由③】「30代」を意識したブランドで取り扱いが多いから
  5. 【2021AW】おすすめアイテム3選をご紹介!

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.ブランド『GERRY』の年齢層が「30代前半」と言える3つの理由

 

f:id:mover074:20211108181655j:image

画像出典:ZOZO Greasy Brilliant GERRY 3wayブルゾン

さっそく、「GERRYがどの年齢層向けのブランドなのか」について確認します。

 

結論は、「30代前半」

 

理由は、次の3点。

 

  • 【理由①】GERRYを象徴する「マウンテンパーカー」「ダウン」を基準に考えるから
  • 【理由②】人気の高い「ショップ別注アウター」が高価格帯だから
  • 【理由③】「30代」を意識したブランドで取り扱いが多いから

 

それぞれ解説します。

 

 

2.【理由①】GERRYを象徴する「マウンテンパーカー」「ダウン」を基準に考えるから

 

1つ目の理由は、GERRYを象徴する「マウンテンパーカー」「ダウン」を基準に考えるから

 

GERRYが展開するアイテムには、次のようなものがあります。

 

  • アウター
  • Tシャツ
  • パーカー
  • パンツ
  • マフラー
  • バッグ など

 

これらの中で、GERRYを象徴する人気アイテムは、「マウンテンパーカー」「ダウンジャケット」などのアウター類。

「GERRYの服」の話をする際に、多くの方が頭に思い浮かべるのは「アウター」ではないでしょうか。

 

そのため、GERRYの年齢層を考える場合、「GERRYのマウンテンパーカー、ダウンジャケットを着る方の年齢層をイメージする」必要があります。

 

『GERRY』のアウターは「アウトドア」「ベーシック」デザインが多い

 

f:id:mover074:20211108182514j:image

画像出典:ZOZO【GERRY×ROPE' PICNIC】配色マウンテンパーカー

GERRYの「マウンテンパーカー」「ダウンジャケット」のデザインを見ると、「アウトドア」「ベーシック」なものが多いことが分かります。

 

「10・20代」を中心に人気の「ストリート・韓国ファッション」を意識したデザインではないことからも、GERRYが「30代向けである」と言えるのではないでしょうか。

 

 

3.【理由②】人気の高い「ショップ別注モデル」が高価格帯だから

 

f:id:mover074:20211108183323j:image

画像出典:ZOZO Abaouse Devinette【展開店舗限定】【GERRY別注】リバーシブルフードブルゾン

2つ目の理由は、人気の高い「ショップ別注モデル」が高価格帯だから

 

先ほど、GERRYを象徴するアイテムは「アウター」であるとお伝えしました。

さらに詳しく見ていくと、そのアウターの中でも、「ショップ別注モデルのアウター」が特に人気であることが分かります。

 

 

「ショップ別注モデルのアウター」はそれなりのお値段

「ショップ別注モデル」のアウターの価格帯は、およそ「15,000〜30,000円」と、それなりのお値段。

 

およそ「13,000円」のユニクロのシームレスダウンを基準にしても、「高価格帯」のアウターと言えます。

 

服にかけるお金は人それぞれであるにしろ、この価格は、「10・20代向け」というより「30代向け」と言ったほうが、しっくりくるのではないでしょうか。

 

4.【理由③】「30代」を意識したブランドで取り扱いが多いから

 

最後3つ目の理由は、「30代」を意識したブランドで取り扱いが多いから

 

2021AWで、GERRYの商品を展開する主なブランド、ショップは次の通り。

 

 

この一覧から、GERRYの商品が、「30代・30代前半」の客層をメインターゲットにしたブランドで展開されていることが分かります。

 

最近はストリートテイストのアイテムも増え始めている!

 

f:id:mover074:20211108183629j:image

画像出典:ZOZO CIAOPANIC【GERRY/ジェリー】バイカラーショートダウンジャケット

今回、年齢層を「30代」ではなく「30代前半」とやや限定したのは、2021AW含め、ストリートテイストのデザインが増え始めているから

 

イメージとしては、ブランド『FIRST DOWN(ファーストダウン)』のような感じで、今後「10・20代向け」のデザインを増やしていくのでは、と予想しています。

 

 

5.【2021AW】おすすめアイテム3選をご紹介!

 

最後に、「2021AWのGERRYおすすめアイテム」を3点ご紹介して終わりにします。

今回は、人気の高い「アウター」からおすすめを厳選しています。

 

  • マウンテンパーカー
  • ライナー付きブルゾン
  • ダウンジャケット

 

①マウンテンパーカー

 

f:id:mover074:20211108191009j:image

画像出典:ZOZO BARKMANHATTAN GERRY/ジェリー 別注 ラバーロゴ オーバーサイズマウンテンパーカー

『バークマンハッタン』の別注モデル「オーバーサイズマウンテンパーカー」。

今後展開が増えると予想される「ストリートテイスト」のマウンテンパーカーで、ややオーバーサイズ、「正面・背面」にロゴが入っています。

 

価格が「定価6,490円税込」とお手頃なので、初めてGERRYの服を買われる方の「お試し」にもオススメ。

 

 

②ライナー付きブルゾン

 

f:id:mover074:20211108185510j:image

f:id:mover074:20211108185543j:image

画像出典:ZOZO ADAM ET ROPE GERRYライナー付き3WAYフードブルゾン

『アダムエロペ』の別注モデル「ライナー付き3WAYブルゾン」。

GERRYらしいアウトドアな要素を残しつつ、「ジップスリット」「Aラインシルエット」など、「街着・普段使い」にも十分対応できるデザイン性を兼ね揃えています。

 

取り外し可能なライナージャケットは、単体で着ることもでき、長いシーズン着回しができそうです。

 

 

③ダウンジャケット

 

f:id:mover074:20211108190240j:image

画像出典:ZOZO GERRY × B:MING by BEAMS / 別注 ショート ダウンブルゾン 21AW

『ビーミング』の別注モデル「GERRY × BEAMSショートダウン」。

ダウンジャケットらしいボリューム感、ダウンの厚みを持たせながらも、決して大き過ぎることのないシルエット。

 

マウンテンパーカーらしい「切り替えのカラーデザイン」が入っていないので、アウトドアっぽさが気になる方も安心です。

 

 

まとめ【ブランドGERRYの年齢層】

 

ブランド『GERRY』の年齢層が「30代前半」と言える3つの理由

  • 【理由①】GERRYを象徴する「マウンテンパーカー」「ダウン」を基準に考えるから
  • 【理由②】人気の高い「ショップ別注アウター」が高価格帯だから
  • 【理由③】「30代」を意識したブランドで取り扱いが多いから

 

最後に。

 

 

『GERRY』は、「カットソー・バッグ」などに比べアウターの人気が非常に高く、今後も「マウンテンパーカー」「ダウンジャケット」など、アウターを中心とした展開が予想されます。

 

今回は「30代前半向け」という位置付けをしたのですが、別注モデルを中心に、ストリートテイストのデザインも増えているので、「10・20代」の方もぜひ試してみてください。

 

お気に入りのGERRYアイテムが見つかりますように。

THANKS☺︎

 

関連記事