あざとボーイブログ

月間9.3万アクセス。お店での接客を文章でお伝えできたらと思っています。

【ナイキエアリフト・アクアリフトどっちがいい?】5つのチェックポイントをご紹介!

【迷う...】私にはナイキエアリフト・アクアリフト、どっちがいい?

 

f:id:mover074:20210525200309j:image

 

【お悩み】

「今年はエアリフトかアクアリフトのどっちかを買いたいんだけど、私にはどっちがいいんだろう…」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 「私にとって」、エアリフト・アクアリフトのどっちがいいのかがイメージできる
  • どちらかを選ぶ際の「基準・判断材料」となるポイントが分かる
  • 今年こそ、念願のエアリフト・アクアリフトデビューができる!

 

【今年こそ欲しい!】でも、エアリフトとアクアリフトのどちらかを選べない...

 

今年も「ナイキエアリフト・アクアリフト」の季節がやってきました。

どちらも人気商品でまだ買えず、「今年こそ買いたい!」と決めている方も多いと思います。

 

でも…

  • 「実はまだエアリフト、アクアリフトのどっちを買うか迷ってて…私にはどっちがいいんだろう?」
  • 「2つを比べたとき、どこをチェックすれば自分に合ったほうを選べるんだろう…」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「エアリフト・アクアリフトのどちらかを選ぶ際にチェックすべき5つのポイント」をご紹介します。

 

2つは足袋デザインという共通点を持ちながらも、「デザイン・ソールの高さ・履き心地」などに違いがあり、結局どっちがいいの?と迷ってしまいますよね。

 

今回は、「私にとっていいのはどっちか」を判断するためのポイントを5つご紹介するので、ご購入前にぜひご確認ください。

 

こんな人が書いてます(経歴)
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系列)
  • VMD(レイアウト)・バイイング経験あり
  • SNS総フォロワー数4000人
  • WEARフォロワー数5000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日2600人の方が見てくださっているブログです。

 

【ナイキエアリフト・アクアリフトどっちがいい?】5つのチェックポイントをご紹介!

 

◆目次◆

  1. 【ナイキエアリフト・アクアリフトどっちがいい?】5つのポイントをチェック!
  2. 【ポイント①】ボリューム感
  3. 【ポイント②】ソールの高さ
  4. 【ポイント③】履き心地
  5. 【ポイント④】サイズ展開
  6. 【ポイント⑤】コーディネート

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.【ナイキエアリフト・アクアリフトどっちがいい?】5つのポイントをチェック!

 

f:id:mover074:20210525204845j:image

 

タイトルに、【ナイキエアリフト・アクアリフトどっちがいい?】と記載しましたが、人によって「良い・合う」と感じるものは異なります

 

そのため今回は、「私にとってはエアリフトがいい」「私にとってはアクアリフトがいい」を判断するポイントをお伝えする内容になっています。

 

「私にとってのいい」を判断するチェックポイントは次の5点。

  • 【ポイント①】ボリューム感
  • 【ポイント②】ソールの高さ
  • 【ポイント③】履き心地
  • 【ポイント④】サイズ展開
  • 【ポイント⑤】コーディネート

 

それぞれ解説します。

 

2.【ポイント①】ボリューム感

 

f:id:mover074:20210525203919j:image

 

【あなたはどっち?】

  • エアリフト:細身・スマートなシルエットのシューズが好み
  • アクアリフト :ボリュームのあるスニーカーに履き慣れている

 

「エアリフト・アクアリフト」は、見た目の「ボリューム感」に大きな違いがあります。

スマートな見た目の「エアリフト」に比べ、「アクアリフト」はダッドスニーカーっぽいボリューム感のある見た目。

 

そのため、ボリューム感のあるスニーカーに慣れていない方が「アクアリフト」を履くと、違和感を感じることがあります

そのボリューム感が「アクアリフト」の魅力でもありますが、普段のスニーカーと「ボリューム感」を比較してみてください。

 

 

3.【ポイント②】ソールの高さ

 

f:id:mover074:20210525204130j:image

 

【あなたはどっち?】

  • エアリフト:一般的なスニーカーと同じ感覚でラクに履きたい
  • アクアリフト:スタイルアップを楽しみたい、身長を盛りたい

 

先ほどのボリューム感とも関係しますが、「エアリフト・アクアリフト」は、「ソールの高さ」に大きな違いがあります。

 

「アクアリフト」は、厚底サンダルと同じぐらいソールが高いので、履くと身長が高くなるのを実感できます。

また、「エアリフト」はソールが低いイメージがありますが、実際履いてみると決してぺたんこではなく、一般的なスニーカーと同じぐらいの厚みを感じます。

 

ちなみに、アクアリフトは重たそうと思われがちですが、エアリフトと同じぐらい軽量なので安心してください。

 

 

4.【ポイント③】履き心地

 

f:id:mover074:20210525204524j:image

 

【あなたはどっち?】

  • エアリフト:足袋部分の切り込みをあまり気にせず履きたい
  • アクアリフト:足へのホールド感が強い方が良い、足袋部分の切り込みがはっきり分かる

 

「エアリフト・アクアリフト」のクッション性はどちらも高く、疲れにくいシューズと言えます。

履き心地で注目したいのは、「足袋部分の切り込みの深さ」と「足へのホールド感」の2点。

 

2つを比較すると、「アクアリフト」のほうが足全体をギュッと包み込むホールド感が強め。

また、足袋部分の切り込みか深く、足指にしっかり入る感覚があります。

 

「エアリフト」も足袋部分の切り込みを感じますが、足指の分かれた専用ソックスじゃなくても履けるぐらいの余裕があります。

【関連記事】

 

5.【ポイント④】サイズ展開

 

f:id:mover074:20210525205714j:image

 

【あなたはどっち?】

  • エアリフト:サイズが1.0センチ刻みのため、微調整がしにくい
  • アクアリフト:サイズが0.5センチ刻みのため、微調整がしやすい

 

「エアリフト・アクアリフト」のサイズ展開には違いがあり、「エアリフト:1.0センチ刻み」「アクアリフト:0.5センチ刻み」となっています。

 

本来ならば、「アクアリフト」のほうがより自分に合ったサイズを選べるのですが、現状「アクアリフト」は人気が高く、サイズ切れが多い

そのため、必ずしも「希望の色・希望のサイズ」を揃えることができないのが難点と言えます。

 

6.【ポイント⑤】コーディネート

 

▼エアリフトコーデ

f:id:mover074:20210525205503j:image

画像出典:WEAR

 

▼アクアリフトコーデ

f:id:mover074:20210525205155j:image

画像出典:WEAR

 

【あなたはどっち?】

  • エアリフト:カジュアル、もしくは女性らしいコーデが好き
  • アクアリフト:ストリート、もしくはモードっぽいコーデが好き

 

「エアリフト・アクアリフト」のどちらであっても様々なスタイリングができますが、「デザイン・カラーリング」などの違いから、より相性の良いスタイリングがそれぞれにあります。

 

「エアリフト」は比較的女性らしいコーデと相性が良く、2021年に発売されたエアリフトの新色「ライトベージュ」「パステルピンク」も、女性らしいカラーリングでした。

それぞれのコーディネート例は、下記の関連記事をご覧ください。

【関連記事】

 

まとめ

 

【エアリフトが向いている方】

  • ①細身・スマートなシルエットのシューズが好み
  • ②一般的なスニーカーと同じ感覚でラクに履きたい
  • ③足袋部分の切り込みをあまり気にせず履きたい
  • ④サイズが1.0センチ刻みのため、微調整がしにくい
  • ⑤カジュアル、もしくは女性らしいコーデが好き

 

【アクアリフトが向いている方】

  • ①ボリュームのあるスニーカーに履き慣れている
  • ②スタイルアップを楽しみたい、身長を盛りたい
  • ③足へのホールド感が強いほうが良い、足袋部分の切り込みがはっきり分かる
  • ④サイズが0.5センチ刻みのため、微調整がしやすい
  • ⑤ストリート、もしくはモードっぽいコーデが好き

 

最後に。

 

▼エアリフト 

 

▼アクアリフト

 

今回は、「エアリフト・アクアリフト」の違いに触れつつ、「私にとっていいのはどっち?」を判断するためのポイントを5つご紹介しました。

 

そもそも、どちらも人気が高く、「希望のカラー・サイズ」が手に入らないといった問題もありますが、今回ご紹介したポイントをチェックして頂くと、どちらかを選ぶ「基準・判断材料」になるはずです。

 

お気に入りの一足が見つかりますように。

THANKS☺︎

【関連記事】