あざとボーイブログ

月間7万アクセスのブログです。お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

【美白?普段使い?】目的別に日焼け止めクリームの選び方をご紹介!【メンズ】

【美白・普段使い】自分の目的に合った日焼け止めクリームの選び方を教えて!【メンズ】

 

f:id:mover074:20210503203359j:image

 

【お悩み】

「僕は美白重視で日焼け止めクリームを選びたいんだけど、どんな種類を選べば良いのかな?」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 自分の目的に合った日焼け止めクリームの選び方が分かる
  • 目的に合わない日焼け止めクリームを選び、「お金・時間」を無駄にしない
  • 目的に合った日焼け止めクリームを選ぶことで、効果をより実感しやすくなる

 

普段使いの場合、どの日焼け止めクリームを選べばいいんだろう...【メンズ】

 

最近は、日焼け止めのメリットが男性にも広がり、今年から日焼け止めクリームを試してみようという方が以前より増えています。

 

でも…

  • 「僕は、美白をしたくて日焼け止めを使いたいんだけど、どの種類を選べば良いんだろう…」
  • 「僕は、通勤用に、毎日使える日焼け止めクリームを探してるんだけど、SPFが高いものを選んでおけば大丈夫だよね?」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「目的別の日焼け止めクリームの選び方」をご紹介します。

 

自分の目的に合った日焼け止めクリームを選ぶことは、より効果を実感しやすく、また「肌荒れ・ニキビ悪化」を防ぐことにもつながります。

 

「初めて日焼け止めクリームを使われる方」「日焼け止めの種類が多過ぎて選びきれない方」に、ぜひ見て頂きたい内容になっています!

 

こんな人が書いてます(経歴)
  • 高校・大学時代にニキビに悩まされる
  • 病院、エステ、美容レーザー(50万)を受けるも改善せず
  • 病院でも治らなかったニキビを治すスキンケアが分かる
  • 私の失敗を踏まえ、最短でニキビを治すスキンケアをお伝えしたい
  • 現在、毎日2300人の方が読んでくださっているブログです。

 

【美白・普段使い】目的別に日焼け止めクリームの選び方を解説【メンズ】

 

◆目次◆

  1. 【目的別】日焼け止めクリームの選び方・選ぶポイントは?【メンズ】
  2. 【目的①】通勤・普段使い
  3. 【目的②】ゴルフ・海水浴
  4. 【目的③】美白
  5. 【目的④】スキンケア
  6. 【目的⑤】ニキビを悪化させたくない

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.【目的別】日焼け止めクリームの選び方・選ぶポイントは?【メンズ】

 

f:id:mover074:20210503223233j:image

 

日焼け止めクリームは、SPFや成分によって違いがあるため、ただ「SPFの数値が高いもの」を選んでも、自分が求める効果を得ることができません。

 

例えば、「SPFの数値が高いものは効果も高い」と思い毎日使ってしまうと、逆に「肌荒れ・ニキビ悪化」の原因になることさえあります

 

【目的別】日焼け止めクリームの選び方・選ぶポイント

そこで今回は、男性が日焼け止めクリームを使う「目的」の中から、代表的なものを5つ選び、それぞれの目的に適した「日焼け止めクリームの選び方」を解説します。

 

今回選んだ「目的」は次の5つ。

  • 【目的①】通勤・普段使い
  • 【目的②】ゴルフ・海水浴
  • 【目的③】美白
  • 【目的④】スキンケア
  • 【目的⑤】ニキビを悪化させたくない

 

それぞれ解説します。

 

2.【目的①】通勤・普段使い

 

 

▼推奨スペック:SPF30・PA++

目的が「通勤・普段使い」の場合、日焼け止め選びは次の2点がポイント。

  • 「SPF・PA」の数値が控えめ
  • 容量・コスパが良いもの

 

「SPF・PA」の数値が控えめ

「通勤・普段使い」が目的の方は、長時間の外出がなければ、「SPF・PA」の数値がそれほど高いものを選ぶ必要はありません

「通勤・普段使い」では、「SPF30・PA++」、5月以降の紫外線が特に強い時期は「SPF50・PA+++」程度がオススメ。

 

「SPF80・PA++++」といった数値の高いものは、肌への負担が大きく、普段使いではオーバースペックになってしまいます。

 

容量・コスパが良いもの

「通勤・普段使い」の場合、毎日使う、また腕などにも使うことを想定し、容量・コスパが良いものを選ぶのがポイント。

 

「携帯用と自宅用(プチプラ)の日焼け止めを分ける」「顔用と体用(プチプラ)を分ける」なども試してみてください。

【関連記事】

 

3.【目的②】ゴルフ・海水浴

 

 

▼推奨スペック:SPF50・PA+++以上

目的が「ゴルフ・海水浴」の場合、日焼け止め選びは次の2点がポイント。

  • 「SPF・PA」の数値が高いもの
  • 汗に強い・ウォータープルーフ仕様

 

「SPF・PA」の数値が高いもの

「ゴルフ・海水浴」が目的の方は、とにかく紫外線を防ぐことが最優先

「SPF50・PA++++」以上、場合によっては「SPF80」程度のものも、視野に入れても良さそうです。

 

春先や旅行先など、急に強い紫外線を浴びる場面では、火傷に近い炎症を起こすこともあるので注意してください。

 

汗に強い・ウォータープルーフ仕様

「ゴルフ・海水浴」での使用は、日焼け止めクリームが汗や水で落ちやすくなるため、「汗に強い・ウォータープルーフ」と記載のあるものを優先的に選ぶのがポイント。

 

また、日焼け止めが落ちたタイミングで、こまめに「塗り直し」をすることも、紫外線防止に効果的です。

 

4.【目的③】美白

 

 

▼推奨スペック:「SPF30・PA++」「SPF50・PA+++」

目的が「美白」の場合、日焼け止め選びは次の2点がポイント。

  • 肌への負担が少ないもの(365日毎日使用)
  • 紫外線量によって日焼け止めを使い分ける

 

肌への負担が少ないもの(365日毎日使用)

美白を目指す場合、「一ヶ月短期間」で日焼け止めを使用しても、すぐに効果は現れません。

長丁場になりますが、「半年・1年」を目処に日焼け止めを毎日続けることで、肌のターンオーバーにより徐々に肌が白くなっていきます。

 

そのため、「無添加・保湿成分配合・石鹸で落ちる」など、毎日使っても肌への負担が少ないものを選ぶのがポイント。

 

紫外線量によって日焼け止めを使い分ける

「美白」が目的であっても、普段は、毎日使用しても肌への負担が少ない「SPF30・PA++」程度が基本と考えて問題ありません。

 

ただ、春夏、紫外線が特に多い時期は、「SPF50・PA+++」など、スペックの高いものに切り替え、しっかり紫外線を防ぐ必要があります。

そのため、紫外線量に合わせて2種類の日焼け止めを使い分けると、肌への負担も少なく、美白効果も期待できます。

 

5.【目的④】スキンケア

 

 

▼推奨スペック:SPF30・PA++

目的が「スキンケア」の場合、日焼け止め選びのポイントは次の2点。

  • 化粧水成分配合のオールインワン
  • 美容成分・保湿成分配合

 

化粧水成分配合のオールインワン

最近は、化粧水と日焼け止めを一体化させた「オールインワン」のスキンケアアイテムも発売されています。

 

普段の化粧水に日焼け止め成分が入っていれば、時間短縮、日焼け止めの塗り忘れもなくなり、スキンケアと紫外線防止を同時に行うことができます。

 

美容成分・保湿成分配合

オールインワンタイプ以外にも、「美容成分・保湿成分」を重視した日焼け止めクリームは販売されています。

 

また、肌への負担を減らすために、「SPF・PA」がオーバースペックにならない日焼けクリームを選ぶことも、スキンケアには大切です。

 

6.【目的⑤】ニキビを悪化させたくない

 

 

▼推奨スペック:SPF30・PA++

目的が「ニキビ悪化を防ぐ」の場合、日焼け止め選びは次の2点がポイント。

  • クレンジング不要
  • 「SPF・PA」の数値を控える

 

クレンジング不要

日焼け止めには、「石鹸で落ちるもの」と「クレンジングが必要なもの」の2種類があります。

 

ニキビ悪化を防ぐためには、日焼け止めクリームの洗い残しを防ぐためにも、「石鹸で落ちる・クレンジング不要」の日焼けクリームがオススメ。

 

「SPF・PA」の数値を控える

また、すでにニキビができている場合、肌が敏感な状態になっているため、「SPF・PA」は肌への負担が少ない「SPF30・PA++」程度のものを選ぶのが安心。

 

「ニキビを悪化させない日焼け止めの使い方」については、別記事でも解説しているので、そちらもぜひご覧ください。

【関連記事】

 

まとめ

 

【目的別】日焼け止めクリームの選び方・選ぶポイント

  • ①【通勤・普段使い】:容量・コスパ
  • ②【ゴルフ・海水浴】:SPF・PAが高い数値
  • ③【美白】:日焼け止めの使い分け(毎日継続)
  • ④【スキンケア】:オールインワン
  • ⑤【ニキビを悪化させたくない】:クレンジング不要

 

最後に。

 

 

初めて日焼け止めクリームを選ばれる方は、はじめに「目的・使い方」をはっきりさせることで、「種類・スペック(SPF値)」を絞ることができます。

 

ありがたいことに、最近はメンズの日焼け止めクリームも種類が増え、「白くならない・石鹸で落とせる」など、男性が使いやすい仕様に進化しています。

 

日焼け止めクリームも、化粧水やリップクリームのように、気軽に気楽に試してみてください。

お気に入りの日焼け止めクリームが見つかりますように。

THANKS☺︎