あざとボーイブログ

月間5.5万アクセスのブログです。お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

【ヒルナンデス】コーデバトルのコーデがダサい3つの理由

コーデバトルのコーデ、ダサいし、ちょっとひどいよね...【ヒルナンデス】

 

f:id:mover074:20210115174351j:image

 

【疑問】

「ヒルナンデスのコーデバトルをよく見るんだけど、たまにびっくりするぐらいダサいコーデのときがあるんだけど...」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

ヒルナンデスのコーデバトルが、なぜダサいコーデと言われるのか、その理由が分かる

 

コーデバトルのコーデ、なんでダサいコーデになっちゃうの?

 

「コーデバトル」は、ヒルナンデスで人気のコーナーで、見たことがある方も多いのではないでしょうな?

 

でも、Twitterを見ると…

  • 「コーデバトルの服、いつもダサいんだけど。コーディネートされた人がかわいそう…」
  • 「コーデバトル、結局コーデの後より、コーデの前の服装の方が似合ってるよね」

 

こんなコメントをよく見かけます。

そこで今回はヒルナンデスの「コーデバトルのコーデがダサいと言われる理由」について解説します。

 

たしかに私も、見ていてひどいなと思ったことはあります(笑)今回は、ダサいと言われる3つの理由を、分かりやすくご紹介します。

 

こんな人が書いてます(経歴)
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系列)
  • VMD(レイアウト)・バイイング経験あり
  • WEARフォロワー数5000人
  • 国立大教育学部卒
  • 現在、毎日1500人の方が見てくださっているブログです。

 

【ヒルナンデス】コーデバトルのコーデがダサいと言われる【3つの理由】

 

◆目次◆

  1. 【はじめに】今回どのコーデバトルの解説をするのか
  2. コーデバトルのコーデがダサいと言われる【3つの理由】
  3. 【理由①】コーディネートする側が、自分以外をコーディネートした経験が少ない
  4. 【理由②】変身させたい願望が強い・ギャップを狙い過ぎている
  5. 【理由③】コーデバトルの毎回のテーマ設定が曖昧
  6. ジャッジの方のコメントは的確で参考になる!

 

では、順番に見ていきましょう!

 

1.【はじめに】今回どのコーデバトルの解説をするのか

 

f:id:mover074:20210115174446j:image

 

ヒルナンデスの「コーデバトル」「コーデ対決」には、曜日や出演者の違いなどによって、いくつか種類があります。

今回私が解説するのは、次のコーデバトルについて。

 

  • 【コーディネートされる側】のゲストが2人(女性)
  • 【コーディネートする側】のゲストが2人
  • どちら側も、芸能人・タレント・モデルの方
  • テーマは、「秋の横浜デート服対決」「冬のクリスマステート服対決」など

 

和牛さんが参加されるコーデバトル、3色ショッピングではないコーデバトルです。

 

2.コーデバトルのコーデがダサいと言われる【3つの理由】

 

f:id:mover074:20210115194514j:image

 

ではさっそく、コーデバトルでのコーデがダサいと言われる3つの理由をご紹介します。

主な理由は次の3点。

 

  • 【理由①】コーディネートする側が、自分以外をコーディネートした経験が少ない
  • 【理由②】変身させたい願望が強い・ギャップを狙い過ぎている
  • 【理由③】コーデバトルのテーマ設定が曖昧

 

それぞれ解説します。

 

3.【理由①】コーディネートする側が、自分以外をコーディネートした経験が少ない

 

f:id:mover074:20210115194922j:image

 

コーデバトルでは、【コーディネートする側】の方が、現役モデルの方や、服好き芸能人などのケースが多いです。

注目すべきは、その方が、自分以外をコーディネートをすることが専門ではないということ

 

【コーディネートされる側】の方は、一般人に近い

【コーディネートされる側】の方は、背が低い、ぽっちゃり、お笑い芸人さん、年配の方など、モデルではなく、「一般人」寄りの方が多い印象があります。

現役モデルの方は、こういった方をコーディネートしたことはほとんどないのではないでしょうか。

 

リアルを感じられないコーデが多い

モデルの方は、誰よりも服を着て、撮影をし、服の知識もあり、誰かにアドバイスすることもあったでしょう。

 

ですが、実際のコーデを見ると、

  • 「そんな服をどこに着ていくの?」
  • 「そんな色の合わせ方の人見たことない」

といった、リアルを感じられないコーデが多く、「ダサい」と感じます。

 

モデルの方の「おしゃれ」と、私のような一般人の「おしゃれ」は、何か違うのかもしれません。

 

4【理由②】変身させたい願望が強い・ギャップを狙い過ぎている

 

f:id:mover074:20210115200629j:image

 

【コーディネートする側】の方は、ゲストの方を「変身させたい」という気持ちが強く、「ギャップを狙い過ぎている」印象があります。

 

例えば、

  • 普段パンツしか履かないと言っているゲストに、スカートを履かせる
  • 普段暗めの色しか着ないと言っているゲストに、いきなり原色系の明るい色を着せる
  • 年配の方に、トレンドだからと全身ベージュコーデにする など

 

テレビ映えも大切ですが、そもそものコーディネートがその方に似合っていなければ、ダサいと言われる原因になります。

 

ゲストの方とのコミュニケーション不足

 

▼パンツしか履かないと言ってる方に、スカートを履かせることはよくある

f:id:mover074:20210115200833j:image

 

これは、番組上仕方がないことですが、コーデバトルは、お互い初対面の状態でコーディネートを始めることが多く、お互いの好みや、コーデの悩みを共有しないままコーディネートがスタートします。

 

また、【コーディネートする側】のパワーバランスが強く、【コーディネートされる側】は、「言われるがまま」になることも問題の一つではないでしょうか。

 

5.【理由③】コーデバトルのテーマ設定が曖昧

 

f:id:mover074:20210115201244j:image

 

コーデバトルのテーマ設定は、次のようなものが多いです。

 

  • 春のお花見デート服コーデ
  • 夏の横浜大人デート服コーデ
  • 秋の紅葉デート服コーデ
  • 冬のクリスマスデート服コーデ など

 

基本デート服です(笑)

「春のお花見デート服コーデ」を例に、「曖昧さ」を解説します。

 

テーマ設定が曖昧だと、コーディネートが定まらない

「春のお花見デート服コーデ」というテーマは、色々な解釈の仕方ができます。

 

  • :軽めのアウターでもいい?いや、まだ寒いか、お花見で歩くから暑い?逆に、じっと座って見るから寒い?
  • お花見:桜を見る時間は15分?1時間?お昼の公園?中目黒の夜桜?
  • デート服:デートだから、きれいめが良いかな?でもお花見だしカジュアルの方がいい?スニーカー?でも、ディナーに行くならスニーカーはまずいし。

 

シチュエーション、テーマを絞り過ぎても、コーデに自由が効かないとも考えられます。

とはいえ、色々な解釈ができるテーマの場合、コーディネート定まらず、よく分からないコーデ=ダサいコーデになる可能性は高いと言えます。

 

6ジャッジの方のコメントは的確で参考になる!

 

f:id:mover074:20210115201735j:image

 

「じゃあ、コーデバトルはあんまり参考にならないってこと?もう見ない方が良いのかな…」

そう思ってしまいますよね。

 

植松さん、ゲストジャッジの方のコメントは的確

 

f:id:mover074:20210115201909j:image

 

植松さんはもちろんですが、ゲストでジャッジで来られる方、率直な意見、非常に的確なコメントをされています。

 

植松さんは、ポジション的に辛口っぽい演出もありますが、ちゃんとコメントを聞くと、むしろめちゃめちゃ優しいです。

コーデの仕上がりではなく、ラストのコメントをぜひ参考にしてください。

 

まとめ

 

コーデバトルのコーデがダサいと言われる3つの理由

  • 【理由①】コーディネートする側が、自分以外をコーディネートした経験が少ない
  • 【理由②】変身させたい願望が強い・ギャップを狙い過ぎている
  • 【理由③】コーデバトルのテーマ設定が曖昧

 

最後に。

 

f:id:mover074:20210115205247j:image

 

ヒルナンデスのコーデバトルは、どうしても「コーディネートする側」の人の意見が正しく、「コーディネートされる側」の人は言われるがままという感じに見えてしまいます。

 

自信を持ってコーディネートすることは、接客においても大切なことですが、「押し付け」になってしまうと、ただの自己満になってしまいますよね。

私も気を付けます(笑)

THANKS☺︎

 

【関連記事】