あざとボーイブログ

元ジャニーズJr.研修生が、過去の栄光を引きずりながら書くブログ(笑)お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

【3年前とはもう違う】失敗しないアウターのサイズの選び方【レディース】

失敗しないアウターのサイズの選び方が知りたい!【レディース】

 

f:id:mover074:20201109183906j:image

 

【お悩み】

「冬用のアウターを買おうと思ってるんだけど、最近はオーバーサイズも流行ってるし、サイズ選びが難しくて…」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 3年前と違う、アウターのサイズの選び方が分かる
  • アウターを試着する際、通販で購入の際に確認すべき、サイズ選びのポイントが分かる

 

3年前と今、アウターのサイズの選び方が違うって本当?

 

  • 「最近オンラインで服を買うことが多くなったんだけど、アウターのサイズ選びが難しくて…」
  • 「アウターは値段が高いし、サイズ選びで失敗したくないな…」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

そこで今回は、「失敗しないアウターのサイズの選び方」について解説します。

 

3年前にはあまり聞かなかった、「オーバーサイズ」「コクーンシルエット」「ボリューム袖」などが、今やアウターでも当たり前になっています。

 

「ワンサイズ上を選べば良いんでしょ?」と思っている方は、ぜひ今回の記事を読んで頂けたらと思います!

 

こんな人が書いてます(経歴)
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系列)
  • VMD(レイアウト)・バイイング(レディースメイン)経験あり
  • 国立大教育学部卒
  • 365日バニラのアイスクリーム食べてます(笑)
  • 現在、毎日1000人の方が見てくださっているブログです。

 

 

【3年前と違う・最新】アウターのサイズの選び方【レディース】

 

◆ 目次 ◆

  1. 今のアウターは「オーバーサイズ」が主流
  2. オーバーサイズ表記のないアウターに注意
  3. 「ワンサイズ上を買った方が良い」は間違い?
  4. アウターのサイズ選びで確認すべき3つのポイント

 

今回は、以上の4項目に分けて、「アウターのサイズの選び方」について解説します。

では、順番に見ていきましょう!

 

1.今のアウターは「オーバーサイズ」が主流

 

f:id:mover074:20201109205231j:image

 

まず確認しておきたいのが、今のアウターのサイズ感・シルエットは、「オーバーサイズ」が主流ということ。

アウターに限らず、スウェット、パーカー、ニット、シャツなど、ほとんどの服が「オーバーサイズ」で作られていると言っても過言ではありません。

 

オーバーサイズのアウターとは?

 

オーバーサイズのアウターの特徴はいくつかありますが、特におさえておきたいのが次の4点。

  • 肩を落としている
  • 肩幅が広め
  • 身幅が広め
  • 腕まわりが広め

「コクーンシルエット」「ボリューム袖」と表記のあるアウターも、この4点が当てはまることが多いです。

 

2.オーバーサイズ表記のないアウターに注意

 

f:id:mover074:20201109204957j:image

 

3年前は、オーバーサイズがまだ「浸透していない」時代だったので、「オーバーサイズコート」「オーバーサイズブルゾン」と、オーバーサイズの表記がきちんとされていました。

 

しかし最近は、オーバーサイズが「当たり前」になったことで、オーバーサイズと表記しないアウターも増えています。

 

オーバーサイズの見極め方は?

 

見極め方は、先ほどのオーバーサイズの4つの特徴があるかどうか。

ショップで実物を見る際も、通販で商品画像を見る際も、この4つの特徴があれば、ほぼ「オーバーサイズのアウター」と言って間違いありません。

 

3.「ワンサイズ上を買った方が良い」は間違い?

 

f:id:mover074:20201109205038j:image

 

アウターのサイズ選びでよくある質問に、「アウターはワンサイズ上を買った方がいい?」というものがあります。

厚手のインナーを着ることを想定して、ワンサイズ上を選んだ方が良い、ということですよね。

決して間違いではないのですが、一つ注意しておきたい点が。

 

オーバーサイズのワンサイズ上は、大き過ぎる

 

「アウターはワンサイズ上を買えば良い」とだけ思っていると、オーバーサイズのアウターを買うときに失敗する可能性があります。

 

オーバーサイズのアウターは元々大きめのサイズ感になっているので、さらにワンサイズ上を選んでしまうと、大き過ぎてしまうんです...。

 

3年前と同じように、「アウターはワンサイズ上を買えば良い」と覚えてしまっていると、こういった失敗が起こり得るので、注意が必要です。

 

4.アウターのサイズ選びで確認すべき3つのポイント

 

f:id:mover074:20201109205210j:image

 

次に、具体的にサイズ選びではどこを確認すれば失敗しないのか、そのポイントを3つご紹介します。

 

  • ①肩の位置(肩幅)
  • ②どのインナーを合わせるか(身幅)
  • ③前を開けて着るか、閉めて着るか(身幅)

 

それぞれ解説します。

 

①肩の位置(肩幅)

 

自分の好みが、

  • 標準的な肩の位置
  • 肩の位置を落としたタイプ(オーバーサイズのアウターに多い)

どちらなのかを事前に確認しておきましょう。

 

体格的に肩が張ってる、または窮屈そうに見られたくないな〜という方は、「肩の位置を落としたタイプ」が良さそうですね!

 

②どのインナーを合わせるか(身幅)

 

あなたは、冬にどのインナーを着ることが多いでしょうか?

  • 「薄手のタートルネック?」
  • 「厚手のざっくりニット?」
  • 「スウェットのパーカー?」

例えば、薄手のタートルネックを着ることが多いのに、大きめサイズのアウターを選んでしまうと、ダボっとして、スタイルが悪く見えてしまいますよね。

 

普段よく着るインナーをイメージしながら選ぶと、どれぐらいの身幅が必要なのかを判断しやすくなります。

 

③前を開けて着るか、閉めて着るか(身幅)

 

「アウターは羽織るだけで、前を閉めることはない」という方もいれば、「外を長時間歩くこともあるし、前は絶対閉める」という方もいると思います。

 

普段の着方をイメージすることは、とても大切なことです。

「前を閉めて着る方」は、実際の試着の際も、ジップを上まで閉めて確認すると安心です。

 

まとめ

 

  • アウターのサイズ感・シルエットは「オーバーサイズ」が主流
  • 「オーバーサイズ」と表記がなくても、オーバーサイズシルエットの場合もあるので注意
  • オーバーサイズのアウターの「ワンサイズ上」を買ってしまうと、大き過ぎる場合があるので注意
  • 失敗しないサイズ選びのポイントは、「肩の位置」「どのインナーを合わせるか」「前を開けるか閉めるか」の3点を確認して選ぶこと

 

最後に。

 

f:id:mover074:20201109205328j:image

 

最近は、オンラインでの服の購入も増えているかと思います。

実際に試着ができない方も、今回の記事を参考に、商品画像・コーディネート画像(着用画像)を確認して頂くと、サイズ選びの失敗がグンっと減ります!

 

下記の【関連記事】では、「冬アウター」についてもまとめているので、ぜひそちらもご覧ください!

THANKS☺︎

 

意外と知られていないプチプラブランド

 

プチプラ系で、ひそかに私が注目してるブランドです。お時間あればぜひのぞいてみてください。

▼日常着にリラックスとトレンドを【OMNES】

『楽天ランキング常連ブランドOMNES冬服7選』

▼大人のためのファストファッションストア「coca」

『coca おすすめ冬服7選(プチプラ)』

 

 

 

 

【関連記事】

『2020年今年流行りのアウター5選』

『2020年スーパーロングコート(膝下・くるぶし丈)7選』

『今年流行りのノーカラーコートの種類5選』