あざとボーイブログ

月間7万アクセスのブログです。お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

【脱おばさん】おばさん見えしないベージュのダウンジャケットコーデのコツ【レディース】

ベージュのダウンジャケットって、おばさん見えするし苦手で...【レディース】

 

f:id:mover074:20201128154418j:image

 

【お悩み】

「ベージュのダウンって、ダウンだけ見てると可愛いのに、着るとなぜかおばさんっぽくなるんだよね…」

 

【この記事を読んで頂いた、5分後のあなた】

  • 【おばさん見えする】ベージュのダウンコーデが分かる
  • ベージュのダウンコーデの、おばさん見えしないコツが分かる

 

おばさん見えしない、ベージュのダウンコーデを教えてほしい!

 

  • 「ベージュのダウンって、おばさんっぽく見えるし、あんまり着ないようにしてるのよね」
  • 「もしかして私のコーデ、おばさん見えしてたらどうしよう…」

 

そんなふうに思ったことはありませんか?

 

そこで今回は、「ベージュのダウンコーデがおばさん見えしないコツ」について解説します。

 

ベージュは女性らしく、やわらかい雰囲気のある色ですが、着こなしによっては「おばさん見え」の可能性もある色。

本格的なダウンの時期になる前に、「脱おばさん」コーデのコツを確認しておきましょう!

 

こんな人が書いてます(経歴)
  • 学生時代から約10年間アパレル勤務
  • 販売員(青山路面店)・店長(PARCO・ルミネ系列)
  • VMD(レイアウト)・バイイング(レディースメイン)経験あり
  • 国立大教育学部卒
  • 365日バニラのアイスクリーム食べてます(笑)
  • 現在、毎日1000人の方が見てくださっているブログです。

 

【おばさん見えしない】ベージュのダウンジャケットコーデのコツ【レディース】

 

◆ 目次 ◆

  1. 【おばさん見えする】ベージュのダウンジャケットコーデ
  2. 【おばさん見えしない】ベージュのダウンジャケットコーデの3つのコツ
  3. 【コツ①】ダウンはショート丈を選ぶ
  4. 【コツ②】コーデに高さを出す
  5. 【コツ③】ボトムスはアイボリーを選ぶ

 

今回は、以上の5つに分けて、「おばさん見えしないベージュのダウンジャケットコーデ」について解説します。

では、順番に見ていきましょう!

 

 

1.【おばさん見えする】ベージュのダウンジャケットコーデ

 

まず、【おばさん見えする】ベージュのダウンジャケットコーデを確認します。

代表的なおばさん見えコーデはこちらの3つ。

 

  • ①【着丈の長いダウンと、ロングスカートを合わせた】コーデ
  • ②【ベージュとネイビーを合わせた】コーデ
  • ③【真っ白のパンツを合わせた】コーデ

 

それぞれ、なぜおばさん見えするのか解説します。

 

①【着丈の長いベージュのダウンと、ロングスカートを合わせた】コーデ

 

f:id:mover074:20201128153846j:image

画像出典:楽天

画像はダウンではないのですが、【おばさん見え】が分かりやすかったので使わせて頂きます。

 

ベージュに限らずですが、着丈の長いアウターとロングスカートの組み合わせは、「胴長短足」に見えやすく、おばさん見えしやすくなります。

 

特にベージュは、黒に比べると「締まり」がない色なので、メリハリ・抜け感がないと「ズドン」とした印象になるので注意が必要。

 

【関連記事】

 

②【ベージュとネイビーを使った】コーデ

 

f:id:mover074:20201222140455j:image

画像出典:ZOZO

ベージュとネイビーは、相性の良い色の組み合わせではありますが、「ミセス感」が強く、おばさん見えする可能性があります。

 

ベージュのダウンに、ネイビーのガウチョパンツ(ワイドパンツ)を合わせたコーデをよく見かけますが、これは要注意な組み合わせ。

 

【関連記事】

 

③【真っ白のパンツを合わせた】コーデ

 

f:id:mover074:20201222140544j:image

画像出典:ZOZO

年配の方が、よく「真っ白」の細いパンツを履かれていますよね。ゴルフっぽいコーデと言えばいいのでしょうか。

 

ベージュと白は確かに相性が良いのですが、「真っ白」のパンツと合わせるのは、正直今っぽくはない。

 

ちょっと全体的に厳しめな言い方になってスイマセン。ただ、この3つを知って頂くだけで、おばさん見えの確率を大幅に下げることができるのでご紹介しました。

 

2.【おばさん見えしない】ベージュのダウンジャケットコーデの3つのコツ

 

では、先ほどの話を踏まえた上で、【おばさん見えしない】ベージュのダウンジャケットコーデの3つのコツをご紹介します。

3つのコツはこちら。

 

  • 【コツ①】ダウンはショート丈を選ぶ
  • 【コツ②】コーデに高さを出す
  • 【コツ③】アイボリーのボトムスを選ぶ

 

順番に解説します。

 

3.【コツ①】ダウンはショート丈を選ぶ

 

f:id:mover074:20201222142348j:image

画像出典:

ベージュのダウンは、「おばさん見え」を意識するのであれば、着丈の長いものよりショート丈の方がコーデが簡単!

ショート丈であれば、ロングスカートを合わせても、胴長に見えることはありません。

 

もし、着丈の長いダウンを着る場合は、細身のパンツ(黒スキニー・テーパードパンツなどでOK!)にするとバランスが良いです。

 

 

4.【コツ②】コーデに高さを出す

 

f:id:mover074:20201128154052j:image

画像出典:ZOZO Unglid ショートボリュームダウン

ベージュは黒に比べると「締まり」がない色なので、「高さ」がないと、どうしても「ズドン」とした印象になってしまいます。

 

普段スニーカーが履き慣れている方も、「高さ」に関してはブーツやパンプスの方が良さそうです。

 

【関連記事】

 

 

5.【コツ③】ボトムスはアイボリーを選ぶ

 

f:id:mover074:20201222142830j:image

画像出典:ZOZO SLOBE IENA ショートダウン

こちらのロングスカートは、真っ白ではなく、アイボリーに近い色。パンツ、スカートどちらの場合も、真っ白ではなく、アイボリーを選ぶと今っぽく見えます。

「真っ白ニット」はOKですが、「真っ白パンツ」「真っ白スカート」は控えて頂いた方が安心です。

 

 

まとめ

 

おばさん見えするベージュのダウンコーデ

  • ①【着丈の長いダウンと、ロングスカートを合わせた】コーデ
  • ②【ベージュとネイビーを合わせた】コーデ
  • ③【真っ白のパンツを合わせた】コーデ

 

おばさん見えしない3つのコツ

  • 【コツ①】ダウンはショート丈を選ぶ
  • 【コツ②】コーデに高さを出す
  • 【コツ③】ボトムスはアイボリーを選ぶ

 

最後に。

 

 

以前販売員していたときも、「ベージュのダウンはおばさんっぽく見えない?」というお声をよく頂いていました。

ですが、今回ご紹介した3つのコツで、おばさん見えを解決できます。

 

これから本格的なダウンの時期。スッキリ、大人可愛いベージュのダウンコーデをぜひお試しください。

THANKS☺︎

 

【関連記事】

BEAMS Online Shop