あざとボーイブログ

元ジャニーズJr.研修生が、過去の栄光を引きずりながら書くブログ(笑)お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

【あなたに合う色診断します】カーキとベージュのアウター、どちらが合わせやすい?

結局私は、カーキとベージュ、どっちのアウターを買えばいいの?

f:id:mover074:20200917190359j:image

 

【お悩み】

「そろそろ秋のアウターが欲しいんだけど、いつもカーキかベージュ、どっちにしようか迷っちゃうんだよね」

 

 

この記事を読むと、こんな悩みがスッキリします!

「私がコーディネートをする場合、カーキとベージュ、どっちのアウターのほうが合わせやすいのかを知りたい」

 

 

【さっそく結論から。】

カーキが合わせやすい方は

  • モノトーン(白・黒)好き
  • かわいいより、かっこいいが好き

 

ベージュが合わせやすい方は

  • 濃いデニムが好き
  • オーバーサイズより、ジャストサイズが好き

 

 

アウターは高いし、失敗したくない…

 

「カーキとベージュのアウター、どっちも可愛いけど、結局私が合わせやすいのはどっち?」と、迷ったことがある方も多いのではないでしょうか?

 

しかも、

 

アウターは他の服より高い!(笑)

 

失敗できないプレッシャーがありますよね〜(笑)

 

そこで今回は、みなさんにとって、合わせやすいアウターの色がどちらなのかを診断する基準を考えましたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

私が合わせやすいアウターの色は「カーキ」と「ベージュ」どっち?

 

 

  1. 私が合わせやすい色はどっち?(診断あり)
  2. カーキのアウターが合わせやすい方は?
  3. ベージュのアウターが合わせやすい方は?
  4. アウターの色を選ぶことは、アウターの種類を選ぶこと
  5. 今年おすすめの「カーキアウター」「ベージュアウター」

 

 

今回は、以上の5つに分けて「あなたにとって、カーキとベージュのどちらが合わせやすいアウター」かを解説したいと思います。

 

では、順番に見ていきましょう!

 

 

1.私が合わせやすい色はどっち?(診断あり)

 

コーディネートのバランスは、アウターの色だけで決まるものではなく、それぞれのアイテムの色も関係します。

 

他にも、身長、体重、髪の色、年齢などによっても、合わせやすい色は変わってきますよね。

 

「じゃあ、すぐ自分に合うアウターの色がどっちかは選べないの?」

 

ご安心ください。

これからご紹介する診断で、ほぼ、合わせやすい色を決めることができます!

 

さっそく診断を始めましょう!

 

【カーキが合う方】

  • モノトーン(白・黒)が好き
  • かわいいより、かっこいいが好き

 

【ベージュが合う方】

  • 濃いデニムのパンツが好き
  • オーバーサイズより、ジャストサイズが好き

 

一見ざっくりした診断に見えますが、たったこれだけでも、かなり好みが分かれたのではないでしょうか?

 

では、それぞれの色について、さらに詳しく見ていきましょう!

 

2.カーキのアウターが合わせやすい方

 

 

もう一度確認。

 

  • モノトーン(白・黒)が好き
  • かわいいより、かっこいいが好き

 

この2つのうち、1つでも当てはまる方は、カーキのアウターがおすすめ。

 

なんでモノトーンが好きだと、カーキが合うの?

 

理由は、カーキと相性の良い色が、「白・黒・グレー」などのモノトーンだから。

 

例えば、

 

  • 黒のパンツ
  • 黒のワンピース
  • 白のパーカー
  • 白のニット

 

このあたりの服をよく着る方は、カーキとの相性が良い証拠です。

 

カーキに合う色、合わない色については、別記事で詳しく解説してるので、ぜひご覧ください。

『おしゃれに差が出る。カーキに合う色・合わせてはいけない色』

 

なんで、かわいいよりかっこいいが好きだと、カーキが合うの?

 

「カーキ」でまずイメージされるのが「ミリタリー」。

 

カーキのアイテムを見ても、ミリタリージャケットやモッズコートなどが有名ですよね。

 

一般的にミリタリーは、かわいらしいというよりは、ボーイズライクな、メンズっぽいイメージ。

 

そのため、カジュアル、ストリート、サーフといった、かっこいい雰囲気が好きな方に合わせやすい色と言えます。

 

3.ベージュのアウターが合わせやすい人

 

 

もう一度確認。

 

  • 濃いデニムのパンツが好き
  • オーバーサイズより、ジャストサイズが好き

 

この2つのうち、どちらか1つでも当てはまる方は、ベージュがおすすめ。

 

なんで濃いデニムのパンツが好きだと、ベージュが合うの?

 

理由は、「濃いデニムのパンツ」は、とにかくベージュのアウターと相性が良いアイテムだから。

 

例えば、濃いデニムのパンツと、ベージュのトレンチコートはもう間違いない組み合わせです。

 

濃いデニムというのは、淡い色落ちしたようなブルーではなく、ノンウォッシュの濃いブルーのこと。

 

カジュアルやストリートよりも、きれいめが好きな方は、ベージュのアウターが合わせやすいかと思います。

 

なんでオーバーサイズより、ジャストサイズが好きだと、ベージュが合うの?

 

 

理由は、ベージュのアウターは、細身のきれいめコーデと相性が良いから。

 

ベージュがやや膨張色ということもあり、ストリートっぽいオーバーサイズと合わせると、全体にダボついた雰囲気になってしまいます。

 

ベージュのアウターは、先ほどの細身のデニムと合わせた、きれいめコーデがおすすめです。

 

4.アウターの色を選ぶことは、アウターの種類を選ぶこと 

 

ここで、「カーキアウター」「ベージュアウター」の種類を確認しておきます。

 

【カーキアウター】

  • ミリタリージャケット
  • モッズコート
  • マウンテンパーカー
  • トレンチコート
  • ダウンジャケット

 

【ベージュのアウター】

  • トレンチコート
  • マウンテンパーカー
  • ダウンジャケット
  • チェスターコート

 

こんなところでしょうか。

 

ここで押さえておきたいのが、それぞれの色によって、アウターの種類も決まってくるということ。

 

例えば、「カーキならミリタリージャケット」「ベージュならトレンチコート」が有名ですよね?

 

実は、アウターの色と、アウターの種類とは、非常に関係性が強いんですよね。

 

つまり、合わせやすいアウターの色を選ぶことで、自然とアウターの種類も選ぶこともできるんです。

 

5.今年注目の「カーキアウター」「ベージュアウター」

 

自分がどちらの色が合わせやすいか分かったところで、今年注目の「カーキアウター」「ベージュアウター」をご紹介します。

 

どちらの雰囲気が好みか、比べてみてくださいね!

 

ミリタリージャケット

f:id:mover074:20200915214925j:image

画像出典:ZOZO TOWN CANAL JEAN NAF(ナフ) フィールドジャケット

 

f:id:mover074:20200915214943j:image

画像出典:https://wear.jp/ass03/15967288/

 

今年のトレンドである「ミリタリー」「カーキ」を兼ね揃えているのは、やはり「ミリタリージャケット」

 

セレクトショップを見に行っても、お店の入り口にミリタリージャケットが置いてあり、注目度の高さが分かります。

 

別記事で、ミリタリージャケット、カーキについての解説をしているので、ぜひご覧ください。

『秋のおしゃれ、簡単でした。ミリタリージャケットコーデ』

『デートもコンビニも、私はこれだけ。秋の羽織りはミリタリージャケット』

 

DANTON(ダントン)インナーダウン

f:id:mover074:20200915214337j:image

画像出典:https://www.beams.co.jp/blog/yeb/45756/

 

f:id:mover074:20200915214344j:image

画像出典:ZOZO TOWN JEANS FACTORY [DANTON/ダントン] インナーダウンジャケット

 

毎年人気の「DANTONのインナーダウン」。

 

早い者勝ちと言って良いほど、すぐに完売になってまうアイテムです。

 

赤のワンポイントロゴで、年代問わず、さりげなくおしゃれをアピールできるところも良いですよね。

 

別記事で、サイズ選び、色選びについて解説していますので、ぜひご覧ください。

『DANTONインナーダウンのサイズ感・サイズ選びのポイントは?』

 

まとめ

 

カーキが合わせやすい方は

  • モノトーン(白・黒)好き
  • かわいいより、かっこいいが好き

 

ベージュが合わせやすい方は

  • 濃いデニムのパンツが好き
  • オーバーサイズより、ジャストサイズが好き

 

最後に。

 

今回は、「カーキとベージュ、どっちのアウターの色が合いやすいか」について解説しました。

 

比較的アウターは高額なものが多いので、なるべく失敗はしたくない...

 

とはいえ、やっぱり今年のアウターを決めるのは楽しみ(笑)

 

今回の記事が、秋冬のアウター選びの参考になればうれしいです!

 

THANKS☺︎