あざとボーイブログ

元ジャニーズJr.研修生が、過去の栄光を引きずりながら書くブログ(笑)お店で接客させて頂く感じを、文章でお伝えできたらと思っています。

男性だって、あざとくて何が悪いの? 夏のデート、メンズが気をつけるべきポイントは?

夏のデート、メンズ(男性)が気をつけるべきことは?

f:id:mover074:20200622212907j:image

「夏のデート、女性に楽しんでもらうために気をつけるべきことって何かな?」

 

「今度のデートをきっかけに、もっと僕のことを好きになってくれたらな〜」

 

今回は、夏のデートで、男性が気をつけるべきことについて解説したいと思います。

 

さっそくですが、女性が夏のデートでイライラする原因、知っていますか?

 

【女性が夏のデートでイライラする原因】

  1. とにかく暑い
  2. 日焼けしたくない
  3. 汗をかきたくない

 

統計、私調べ(笑)

夏のデートをするにあたって男性は、とにかくこの3つを常に意識して行動しなければなりません!

 

「こんなこと言われても、夏だからどうしようもないじゃん!」

 

そんなことないんです。大丈夫です、これから一緒に解決していきましょう!

 

あざとテク!夏のデートは、男性のあざといチャンスがいっぱい!

f:id:mover074:20200622212853j:image

 

  1. 夏のデートは、いつもより遅めのスタート
  2. カフェを見つけたら即入店!ドリンクは何杯でも飲む覚悟が必要
  3. オープンテラスなんてありえない!彼女を日焼けから徹底して守る!

 

①夏のデートは、いつもより遅めのスタート

これまで、お昼過ぎ、ランチにの時間に合わせて待ち合わせてしていた方も、夏のデートは、ディナーからの待ち合わせに変えてみましょう。

 

真昼間から会うよりも、せめて17時以降のほうが、日差しを浴びる時間が少なくて済みます。

 

たとえ女性側が、「夏だから、暑いのはしょうがないよ〜」と言ってくれても、それはあくまで気遣いなので(笑)、極力、暑いと思う時間を減らしてあげるのが男の見せ所です。

 

メンズあざといポイント

夕方、もしくは夜から会うと、お昼からデートしていた時よりも、時間が短く感じます。

 

そのため、女性に「いつもより一緒にいられる時間が短い...」と思わせることができます。

 

女性に、物足りなさや、すぐ帰らなければならない寂しさを感じてもらうには、良いチャンスです。

 

「終電になってごめんね」と言って別れた後、

「もっと一緒にいたかったのに、終電早過ぎるね」

「帰り道大丈夫?まわりに変な人いない?」というLINEを送ってみましょう。

 

「もっと私と一緒にいたいと思ってくれてる」

「私のこと心配してくれてる」と女性は思うことでしょう。

 

待ち合わせの時間をずらし、デートの時間が短かい分、早くまた会いたいという気持ちを高めることができます!

 

②カフェを見つけたら即入店!ドリンクは何杯でも飲む覚悟が必要

f:id:mover074:20200622212641j:image

避暑地として、カフェを見つけたら即入店です。「さっき入ったのに?」と言われても、「だって暑いじゃん」と、男性から入る雰囲気を作ってあげましょう。

 

カフェに行くと、冷たいドリンクが飲める、涼しい、トイレに行ける、この3つを確保することができます。

 

特に、夏のデートでは、トイレは最重要です!汗拭きシートを使う時間、化粧直しをする時間、日焼け止めクリームを塗る時間。

 

これらは、いくらあってもいい時間です。カフェは、ドリンクのためだけじゃないということも、知っておくといいでしょう。

 

メンズあざといポイント

私なら、カフェに入る時、「アイスが食べたい」と言って入ります(笑)かき氷でも可。

 

アイスの良いところは、お互い味見をしても違和感がないところ。距離を詰めるには、良いタイミングです。

 

ここでさりげなく、「一人で、カフェでアイスって頼みづらいんだよね」と言えば、「(この人は)いつも一人で行動してるんだ」と、相手を安心させることもできます。

 

「また一緒にアイス食べに行ってくれる?」と言うと、向こうも「いいよ〜」と返事がしやすいので、自然な流れで、次のデートの約束も作れます。

 

③オープンテラスなんてありえない!彼女を日焼けから徹底して守る!

f:id:mover074:20200622213340j:image

口には出さずとも、夏は、女性はとにかく日焼けをしたくないと常に思っています。

 

たとえば、道を歩いてるときは、男性は陽が当たる方を歩く。そもそも、なるべく日陰の道を選んで歩く。信号待ちは、建物の下など、日陰のところに移動して待つ。このあたりは、基本中の基本です。

 

他にも、ごはん屋さんでよくやってしまいがちなのは、窓際に座ってしまうこと。

 

日焼けを気にしている女性にとって、窓際は最も座りたくない席です。気になるのは、景色なんかより紫外線です(笑)

 

オープンテラス好き女子は別ですが、そうでない限りは、窓際の席は避けましょう。

 

メンズあざといポイント

女性が日焼けが嫌いということは、逆に、色白は圧倒的褒めポイントです!

 

人にもよりますが、相手が色白さんの場合は、しっかり声に出して、「色白いね〜」と言ってあげてください。

 

色白は、女性にとって普段からの頑張りであり、気づいて欲しいところ、褒めて欲しいところです。

 

私がよく使う色白さんの褒め方は、

「だからベージュの服が似合うのか〜色白の人じゃないと、ベージュって似合わないんだよね〜」

 

と、コーディネートのセンスも巻き込んで色白を褒めます(笑)

 

最後に。

f:id:mover074:20200622213421j:image

まとめ
  • 夏のデートは、ディナースタートで、日差しを避ける。
  • カフェは、ドリンクのためではない、トイレのため!化粧直しの時間を自然に作る。
  • 夏のデート=日影探し!

 

今回は、私の使えるどうかわからない、あざといテクニックもご紹介してみました。結果に関しては、完全自己責任でお願いします(笑)

 

山里さん、田中みな実さん、弘中さんのあの番組好きなんですよね〜!

 

男性だって、あざとくて何が悪いの?あざとい男子が使う「さしすせそ」もありますので、お時間ある方はぜひ。

 

THANKS☺︎

 

楽天市場